TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事の第二弾で再び立川談志の名を登場させたことに激怒「立川談志の名前を出すな!」

爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事の第二弾で再び立川談志の名を登場させたことに激怒「立川談志の名前を出すな!」

2018.08.22 (Wed)
2018年8月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、週刊新潮「裏口入学」記事の第二弾で再び立川談志の名を登場させたことに激怒していた。

週刊新潮 2018年 8/30 号


田中裕二:この間のやつね、サンジャポで否定したり、ラジオでもやりました。

太田光:やった、やった。やりましたよ。

田中裕二:ねぇ。

太田光:今度、明日出るんですけど。もう、この見出しですよ。

田中裕二:はい。

太田光:「笑い飛ばせば、それでよかった」って。

田中裕二:太田光の日大…笑い飛ばせばそれでよかった?

太田光:「笑い飛ばせばよかったのに」って。「世間を斜めに斬って笑いにしてきた人物が、『そんなに恥ずかしいこと?』と笑い飛ばせなかったことに違和感が募る」…なにを!この野郎。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:新潮~!

田中裕二:ムカつく書き方するんだね(笑)

太田光:またこれ、俺が怒ると思って、この野郎。

田中裕二:思う壺でしょ。

太田光:分かるけれども!

田中裕二:自分で書いといてね、「笑い飛ばせばよかった」ってね。

太田光:いいんです、いいんです。記事の内容としてはね、要は先々週から…

田中裕二:太田光はね、お父さんが800万円払って、前の日にカンヅメにして教えて…って。

太田光:っていうのに対して、俺がマジでキレた。マジでキレてるってことは、本当だろうってことなんですよ。

田中裕二:ええ、ええ。そういうことですね。

太田光:で、それしか書いてないんです、ここには。

田中裕二:それしか書いてないの(笑)

太田光:俺がやっぱ、前から俺は本当にこいつ、書いてる奴。「俺、アンタになんかしましたか?」って思うんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:立川談志の名前を出すな!

田中裕二:書いてあるね。

太田光:「談志だったら、業の肯定。良いも悪いもないんだ、人間は業の肯定なんだ」って、こいつが書いてるんだよ。良いも悪いもない、人間の業なのだ…賛成の反対なのだ!(笑)

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:ね。「敬愛している立川談志は、業の肯定をしているのにも関わらず、談志師匠のことを語ってきた太田が、高がこんな記事で笑いにもできないのか」って。

田中裕二:違うじゃん、それ(笑)

太田光:冒頭から50分に渡って、「新潮、バカ野郎、てめぇこの野郎」と。俺のセリフがずーっと書いてあって。「あの日から、周りの人たちが俺を見る目が、下に見るような感じがするんだ」と怒ってると。うーん…ンンンッで!

田中裕二:何よ(笑)

太田光:頼むから談志師匠のことを、こういう材料に使わないでくれって。俺はお前の言うとおり、立川談志には程遠い芸人だから、こういうことでも怒ります。器も小さい。

田中裕二:うん。

太田光:で、「立川談志なら笑い飛ばしただろう」、そうかもしんない。でも、俺は談志師匠が怒ってることも、いっぱい見てるけど(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:大人気なく怒ってる姿も、見てますけども。それはそれとして、「立川談志なら笑いにしたでしょう」って。

田中裕二:うん。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,太田光,裏口入学,週刊新潮,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事に掲載された吉川潮の発言は本意ではないと断定「見抜きます、こんなのは」

前の記事:爆笑問題・太田、週刊新潮「裏口入学」記事の第二弾に再び激怒「新潮、この野郎!」

本日の注目記事