TOPナイツのちゃきちゃき大放送 ≫ 出水麻衣アナ、元ボクシング連盟・山根会長は「脳内でご自身のPVが流れてる」ようであると語る「選手入場のあおりVTRが」

出水麻衣アナ、元ボクシング連盟・山根会長は「脳内でご自身のPVが流れてる」ようであると語る「選手入場のあおりVTRが」

2018.08.11 (Sat)
2018年8月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、TBSアナウンサーの出水麻衣が、が、元ボクシング連盟・山根会長は「脳内でご自身のPVが流れてる」ようであると語っていた。



土屋伸之:ワードがね、「歴史を持つ男」とか。

能町みね子:「歴史の男」「カリスマ」って。

土屋伸之:最近、「無冠の帝王」って言い始めたらしい(笑)

塙宣之:自分で自分を演じちゃう、みたいなね。

能町みね子:そうなんですよね。

塙宣之:そういう人なのかもしれないですけどね。

出水麻衣:脳内では、選手が入場する前、あおりVTRって言って、その選手にキャッチコピーをつけて、カッコイイVTR流れるじゃないですか。ああいうのが、山根さんの頭の中では、ご自身のPVが流れてるんじゃないですかね。

土屋伸之:一選手みたいなのかな。

能町みね子:だから、なんか私は色んな問題があって、色んな解決すべきことがたくさんあると思うのと同時に、この人もやめちゃうってことで、出てこなくなるのがダブルで悲しいなって思ってて。

土屋伸之:なるほどね。

能町みね子:出てこないことで、解明できずにワイドショー的にもサーッて引いちゃうだろうし。

土屋伸之:そうなんですよね。山根会長の魅力はそれはそれで置いておいて、当事者からしては解決しなきゃいけない問題で。ボクシング関わる人たちはね。

塙宣之:俺らどうしようもないもん。

土屋伸之:山根会長を許す、許さないは我々が決めることじゃないから。

塙宣之:決めることじゃないからね。

能町みね子:うん。

土屋伸之:関係者のね。これからのボクシングをよくしていくってことが大事だからね。

関連記事


有吉弘行、ボクシング連盟・山根会長の問題発言・行動の数々に「笑っちゃうね、もう。ヒド過ぎて」

加藤浩次、ボクシング連盟・山根会長は「時代の中でグレーなこともやってきた」人物であり「今のトップ像とはかけ離れている」

安住紳一郎、ボクシング連盟・山根会長へのインタビューを想定した「インタビュアーの基本」を語る「相手が訊かれたい質問から」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 出水麻衣,山根会長,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送
次の記事:明石家さんま、元ボクシング連盟・山根会長に「面白さで完敗」と新聞の見出しで書かれたことに「俺だけ賛同してるみたい」

前の記事:能町みね子、元ボクシング連盟・山根会長のロンドン五輪祝勝会での感極まった挨拶に「ボクシング好きなのだけは本当なんだな」

本日の注目記事