TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、第一回目の太田プロライブで「ドスベリ」してしまった過去を告白「中国残留孤児のコント」

爆笑問題・太田、第一回目の太田プロライブで「ドスベリ」してしまった過去を告白「中国残留孤児のコント」

2018.07.11 (Wed)
2018年7月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、第一回目の太田プロライブで「ドスベリ」してしまった過去を告白していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:太田プロライブっていうのがね、今もやってると思うけど。その第1回だよ。もう、事務所ライブなんかなかったんだから、あのころは、ラ・ママしか。

田中裕二:そう、そう。

太田光:この間、リーダーちょっと会ってさ、話したんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:「あなたの反省会でのアドバイスは、何の参考にもならなかった」って話をしたんだけど(笑)

田中裕二:なんでそんなこと言うんだよ(笑)

太田光:リーダーも「なんだよ、言うなよ、そういうことを」って(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)目に浮かぶけどね(笑)

太田光:弟子のような人間にバカにされて、「なんでこんなに笑ってられるんだろう」ってぐらいだったけど(笑)

田中裕二:うん(笑)

太田光:その時に、太田プロライブの第一回、下北沢駅前劇場でトップバッターが爆笑問題だからね。

田中裕二:そう、そう。

太田光:太田プロライブで、初めてネタをやったのが爆笑問題なんだから。これを俺は主張したいね。

田中裕二:中国残留孤児のコントだったっけ?

太田光:だったと思う。で、ダダ外しして。誰も笑わなくて。当時、中国残留孤児が話題になってたんだよね。

田中裕二:そう。

太田光:で、ざっくり言うと、俺が一人で喋って演説みたいな。辻立ち演説みたいにして。

田中裕二:うん。

太田光:「僕らは中国で離れ離れになった、双子のきょうだいなんです」って。俺と田中、見た目全然違うのに。

田中裕二:子供の頃にね。

太田光:「僕たちは双子なんです」って。で、しかも田中は「妹です」って言うんだよね。

田中裕二:そう、俺は女なんだ、と。俺は何も言わずニコニコしてるだけで。

太田光:お前、セリフないんだよ。で、俺は延々と言うんだよ。「僕たち、中国で引き裂かれて、日本と中国で、コイツは中国で育ったものだから、日本語一個も喋れなくて。やっと今、会えたんだけどどうしていいんだか分からない。どうすればいいんでしょうか」って。

田中裕二:うん。

太田光:「コイツは、中国では日本人だとバカにされ、日本に来たら中国人とバカにされ、我々はどこに行けばいいのか分かりません」って。

田中裕二:みたいなコントね。

太田光:で、いきなり田中が中国語で喋り出すっていう。わりとシュールなさ。

田中裕二:シュールなコントですよ。

太田光:世相を突いた。

田中裕二:テレビじゃできないね。

太田光:一切、ウケなかったね。

田中裕二:伝わらないんだろうね(笑)

太田光:伝わらないんだ。

田中裕二:見たことないコントだもんね(笑)一生懸命、演説して、いきなり(笑)

太田光:一切、ウケない。

田中裕二:設定もないの。だから、分かんないの。

太田光:「皆さん、聴いてください!」って言ってんだよ、俺が。

田中裕二:それから始まるから、この人はどういうことなのかって(笑)

太田光:で、田中はニコニコ笑ってるって。一個もセリフないからね。それをやって、ドスベリして。

関連記事


バカリズム、お笑いライブでスベり過ぎて舞台から逃亡した過去

有吉弘行、若手芸人がスベって「なんですか、この空気!」と誤魔化したことに指摘「違う、違う。お前の腕だよ」

ケンドーコバヤシ、台湾の番組でスベりまくるも収録後にプロデューサーがビビる一言「いや、全然。また呼んで下さい」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,太田光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、駆け出しの芸人時代に桜金造を「なんてイヤな奴なんだ」と思ったと告白「こんな訳のわからない若手…」

前の記事:爆笑問題・田中、太田が初対面のヒロド歩美アナに訳のわからない絡みをしたことに「訴えられるよ(笑)」

本日の注目記事