TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、「深夜放送で怪談話をすると番組がすぐ終わる」というジンクスを語る「その伝説を作ったのが『稲川淳二のANN』」

伊集院光、「深夜放送で怪談話をすると番組がすぐ終わる」というジンクスを語る「その伝説を作ったのが『稲川淳二のANN』」

2018.07.05 (Thu)
2018年7月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「怪談の創作・話すのが好き」と「霊感がある」というのは別物であると指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:稲川さんのスタンスはどういう感じなのかな。あの人は、エンターテインメントもわかってるし、いろんな考え方あるんで。怪談、どんな感じですかっていうの、ちょっと聴きたいなぁって思っております。

安田美香:はい。

伊集院光:ちなみに、ラジオの深夜放送で怖い話をやると、深夜放送すぐ打ち切りになるっていう伝説があるんです。

安田美香:へぇ。

伊集院光:これは、別にオカルトでもなんでもなくて。

安田美香:はい。

伊集院光:夜、一人で聴く深夜放送。暗い時の深夜放送に、本気で怖いやつやると、聴きたくないっていう、みんな(笑)

安田美香:ああ。

伊集院光:その伝説を作ったのが、『稲川淳二のオールナイトニッポン』で(笑)

安田美香:はっはっはっ(笑)

伊集院光:惜しまれつつ、ブッツリ終わってくっていう(笑)

安田美香:はっはっはっ(笑)

伊集院光:そうなんですよ。

安田美香:ああ、そうなんですね(笑)

関連記事


千原ジュニア、陣内智則のラジオ番組に投稿された最恐の怪談話を披露「ベタな幽霊」

伊集院光、怪談をラジオ番組でしなくなった理由を語る「霊を信じる/信じないの話になっちゃう」

千原ジュニアが今までで一番怖いと感じ、おのののかが号泣した怪談話「ダブルデート」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,稲川淳二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、高校野球「ネット裏の全日通し4万円チケット」が既に転売されていることに懸念「空席がネット裏に…」

前の記事:伊集院光、「怪談の創作・話すのが好き」と「霊感がある」というのは別物であると指摘「全く別物だから」

本日の注目記事