TOP伊集院光とらじおと ≫ くりぃむ有田、芸人としてのターニングポイントは『ボキャブラ』終了後の落ち目だったと告白「生活のためにお笑いを」

くりぃむ有田、芸人としてのターニングポイントは『ボキャブラ』終了後の落ち目だったと告白「生活のためにお笑いを」

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が、芸人としてのターニングポイントは、フジテレビ系の番組『ボキャブラ天国』終了後の落ち目の時期で、「生活のためにお笑いを」と思い始めた時であったと語っていた。



伊集院光:お笑いとしてターニングポイントは?やっぱり、改名か?

有田哲平:う~ん、まぁ…それは相当ありがたかったですけどね。でも、その前にもう、なんかカッコつけて、尖って。「自分の番組しか俺はやらない」とか。

伊集院光:うん。

有田哲平:「人のギャグで笑わない」とか格好つけてやってたときに…

伊集院光:「人のギャグでは笑わない」は分かるわ。

有田哲平:自分の時も、思いついた時だけ堂々と言う、みたいな。

伊集院光:そう。若手のお笑いあるあるで、何人かそういう、百発百中主義。「ホームランしか打ちたくないです」っていう。

有田哲平:そうです、そうです。

伊集院光:斜に構える感じ、最初やってたんだ?

有田哲平:そうなんです。それでやってて、ボキャブラが終わってしまって。各自がみんな冠番組とかやり始めてるのに、爆笑さんとか、ネプチューンとか。もう、自分は諦めて。

伊集院光:くさってたんだ?

有田哲平:で、「メシを食いたい」と。「生活のためにお笑いをやろう」ということに切り替えて、人の番組出て、急にゲラゲラ人のギャグでも笑って(笑)

伊集院光:ああ…

有田哲平:ひな壇でも、積極的にやるようになった、そこがターニングポイントですかね。

伊集院光:うん、うん…ごめん、急に気になったのが、「メシが食いたい」って話の時に、俺出会ってるのすげぇ怖ぇんだけど(笑)

有田哲平:はっはっはっ(笑)

有田哲平:で、「メシを食いたい」と。「生活のためにお笑いをやろう」ということに切り替えて、人の番組出て、急にゲラゲラ人のギャグでも笑って(笑)

伊集院光:ああ…

有田哲平:ひな壇でも、積極的にやるようになった、そこがターニングポイントですかね。

伊集院光:うん、うん…ごめん、急に気になったのが、「メシが食いたい」って話の時に、俺出会ってるのすげぇ怖ぇんだけど(笑)

有田哲平:はっはっはっ(笑)

伊集院光:大体、今の年表をたどってくと、「あれ?ちょっと待って。俺、出会ってんのあの辺だぞ」っていうのが、バチッと今、ハマったんだけど(笑)

有田哲平:伊集院さんに、「ご飯お願いします」って言えるようになったのもそこだったんですよ。本当は思ってても、「言うかそんなもん」って格好つけてて。

伊集院光:じゃあ、本当に大転換があったんだね。

有田哲平:事務所含めて、自分らそんなに才能ないから、ちょっとでも出してもらえればいいや、みたいな。

伊集院光:それがこうなってくんだから、分かんないもんだよね。

関連記事


志村けん、人生を変えた3つのターニングポイント「ドリフかコント55号か」

くりぃむ有田、伊集院光は「僕の師匠みたいな存在」であると語る「色んなことを教えてもらった」

伊集院光、くりぃむ有田哲平は「自分の出た番組を見るのが大好き」と暴露「(自分の)ファンだよね」

千原ジュニア、松本人志に見出され『すべらない話』へ続くターニングポイントに言及「あの板尾の話、オモロイな」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 有田哲平,くりぃむしちゅー,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事