TOPたまむすび ≫ 町山智浩、映画『ズートピア』はアメリカで問題となっている人種差別「レイシャルプロファイリング」を見事に描いていると指摘

町山智浩、映画『ズートピア』はアメリカで問題となっている人種差別「レイシャルプロファイリング」を見事に描いていると指摘

2018.06.09 (Sat)
2016年4月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『ズートピア』はアメリカで問題となっている人種差別「レイシャルプロファイリング」を見事に描いていると指摘していた。

ズートピア


町山智浩:キツネのニックっていうのが出てくるんですね。

山里亮太:はい。

町山智浩:そうすると、キツネだっていうだけで、「キツネは嘘つきだし、人を騙すから」って言われて、就職ができないんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:色んなところで、弾かれちゃうんですね。キツネと言えば、英語では「キツネのようにずるい」(as sly as a fox、cunning as a fox)っていう言葉があるんですよね。

赤江珠緒:ああ。

町山智浩:「キツネなんか信用できない」って言われるんですよ。

山里亮太:はい。

町山智浩:これは要するに、「ある一定の人種は全部そうなんだ」っていう言い方ですよね。

赤江珠緒:ああ、そうか。

町山智浩:これは、レイシャルプロファイリング(人種による選別)って言われる、その人種による決めつけで、一番問題があることなんですよ。

赤江珠緒:うん、

町山智浩:でも、英語にも日本語にも、動物を比喩に使うっていうのはありますよね、いっぱいね。

山里亮太:はい。

町山智浩:でも、それ自体が決めつけで、いわゆるステレオタイピングって言われることなんですね。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:「なんとかは、なんとかだ」って。「キツネだからズルイんだ」みたいな。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:「ウサギだから賢いんだ」みたいな。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:そういうことなんですよ。で、それの危険性とか、間違いを描いているんですね、『ズートピア』っていう映画は。

関連記事


「ズートピア」あらすじ・ネタバレ

町山智浩、『ズートピア』アイスキャンディー屋のシーンに登場する「サービスをしない権利もある」張り紙に見るアメリカにおける差別

町山智浩、『ズートピア』でヒツジのベルウェザー副市長がフワフワの毛を触られそうになると怒るシーンの意味を解説

町山智浩、『ズートピア』免許センターのナマケモノ登場シーンがアメリカでは大爆笑な理由「DMVが物凄く遅くて」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ズートピア,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:町山智浩、映画『ズートピア』のテーマはディズニーが一貫して描いてきた人種差別などの「脱ステレオタイプ」の物語だと指摘

前の記事:町山智浩、『ズートピア』アイスキャンディー屋のシーンに登場する「サービスをしない権利もある」張り紙に見るアメリカにおける差別

本日の注目記事