TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・小木「妻・奈歩の精神状態が危うい」

おぎやはぎ・小木「妻・奈歩の精神状態が危うい」

2012.12.24 (Mon)
2012年12月20日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、奈歩夫人の精神状態の危うさについて語られていた。
おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」 [DVD]
小木「今日、俺、加藤浩次さんと一緒に仕事だったじゃん」

矢作「うんうん」

小木「帰とうと思ってスタジオを出たら、奈歩から電話あって」

矢作「うん」

小木「だいたいなんかね、仕事してるって分かってるのに電話掛かってくるときって、結構、ヤバイ時が多いのよ」

矢作「あぁ」

小木「前にノロになった時とか」

矢作「あぁ」

小木「もう怖いの」

矢作「電話掛かってきてる時点で、なんだろうって思ってるのね」

小木「そう。だいたい、メールで済ますはずなの。それが電話掛かってくるのは、緊急で怖いから、出たのよ。『もしもし』って」

矢作「うん」

小木「そしたら、『ヤバイの、ヤバイの』って」

矢作「うん」

小木「『魂が出ちゃいそうだ』って」

矢作「はっはっはっ(笑)」

小木「ビックリして俺も。『頭から魂が出ちゃうから…まある(長女)がいるから、まあるをどうしようか…』って言ってて。『帰ってくるの?今』って訊いてきてて。その電話なの」

矢作「うん(笑)」

小木「自分が魂、幽体離脱みたく出ちゃうと、まあるが1人でいるわけじゃん」

矢作「うん」

小木「魂がいなくなっちゃうと、面倒みれないじゃん」

矢作「抜け殻になっちゃうからね」

小木「そう。抜け殻になっちゃうから。だから、『帰ってくるのか?』って訊いてきて。結構、焦った感じで」

矢作「出そうなのね」

小木「そう。出そうなの、まさに」

矢作「ふふ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

小木「それで、『どれくらいで戻ってくるの?』って。だから、自分で押さえてるんだろうね、出ようとしてるところで」

矢作「はっはっはっ(笑)」

小木「ビックリしちゃって、俺。『今、帰るから』って(笑)」

矢作「それでどうなったの?」

小木「スタジオから家は近かったから、『5分くらいで帰れるよ』って言って。急いで帰って話しかけた時には、直ってた」

矢作「あぁ、出なかった?」

小木「出なかった。『そんなこと、今までなかった。今回はヤバかった。本当に出て行っちゃいそうだった』って」

矢作「出たことは一回も無かったの?」

小木「無いの。無いの」

矢作「じゃあ、分かんないじゃん。経験が無いんなら」

小木「完全に、頭から逝っちゃう感じなんだって」

矢作「えぇ?」

小木「感覚で分かるんだって」

矢作「へぇ」

小木「やっぱり娘もいるから、そこは責任感でちゃんと止められたんじゃない?」

矢作「へぇ、大丈夫だったのね?」

小木「大丈夫でしたよ」

矢作「構って欲しいだけなんじゃないの?」

小木「ふふ(笑)構って欲しい…まぁ、そう言われればそうだよね(笑)ちょっとおかしいよね」

矢作「そんなのね。大丈夫だった?」

小木「毎回、大丈夫なんだよね。そういうことあった時って」

矢作「構って欲しいんだよ、小木に。構ってる?」

小木「いや、構ってるよ。凄い仲良くやってますよ」

矢作「そういうとき、どんな感じなの?『出ちゃいそう、出ちゃいそう』って帰るじゃない?帰ったときって、心配してあげるの?それとも、ちょっとイヤそうな感じなの?ノってあげるの?」

小木「ノってあげてる感じだよ。『どうだった?大丈夫?』って」

矢作「あぁ」

小木「そうしたら、普通に『大丈夫、大丈夫』って」

矢作「へぇ。おかしいね」

小木「そこはあんまりイヤな顔したら可哀想じゃん」

矢作「そらそうだね」

【関連記事】
おぎやはぎ・小木 「奥さんの隠された過去」

オアシズ・大久保「本気で森山直太朗を狙う」

おぎやはぎ・小木「アイドルの枕営業に遭遇?」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : おぎやはぎ,小木博明,小木奈歩,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:オードリー・若林が語る「占い師の裏事情」

前の記事:ナイナイ・矢部「音楽番組での暗黙の了解」

本日の注目記事