TOP伊集院光とらじおと ≫ 是枝裕和、『万引き家族』の取り調べシーンは役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かす

是枝裕和、『万引き家族』の取り調べシーンは役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かす

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画『万引き家族』の取り調べシーンでは、役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かしていた。



伊集院光:多分、すべての事柄に大なり小なり当てはまると思うんですけど。計画ないって、とても雑なことで、計画あった方がいいじゃないですか。

是枝裕和:あった方がいいです。

伊集院光:だけど、計画通りに遂行することだけに徹した場合、あんまり面白くないですよね?

是枝裕和:面白くないですね。段取りになっちゃうんで。

伊集院光:それの揺れみたいなこととか。想像以上にここに時間つかった、みたいなことが、一個に集約していく瞬間みたいなのが、凄いことになる気がします。

是枝裕和:はい。

伊集院光:ちなみに、演出でいうと、これも噂で聞いたんですけど、大人でも相手のセリフ知らない、みたいケースあるそうじゃないですか。

是枝裕和:ふふ(笑)ああ、そうですね。今回、やりました。今回やったのは、取調室…

伊集院光:俺、取り調べなんて言ってないですからね(笑)

是枝裕和:ふふ(笑)言っちゃった(笑)

伊集院光:要所要所で、自分のセリフ、ある程度分かってるけど、相手は何を言うか分からない、とかシチュエーションで置かれてるところは分かるけど、みたいなことが起きてるわけですか?

是枝裕和:そうですね。自分のセリフもない瞬間があって。

伊集院光:はい、はい。

是枝裕和:僕が、カメラ脇に座ってる刑事役の人に、ホワイトボードでセリフを書いて渡して。

伊集院光:うわ、すげぇ。

是枝裕和:で、言ってもらう、リアクションを撮ってくっていうのを、ずーっと。まぁ、それを何人もやったんですけど。

伊集院光:で、役者側はその役で、「今、この立場でそのことを言われたら」っていう感情の動きをする?

是枝裕和:そうです。

伊集院光:何、その天才集団。でも、監督、そんなことやってたら、病気になりませんか?

是枝裕和:ふふ(笑)僕はならないですけど(笑)

伊集院光:だって、監督大変じゃないですか。この人は、こうした方が良いタイプ、しない方がいいタイプ。このシチュエーションで、ここの部分まで教えておかないと、心構えができないとかって。

是枝裕和:はい。

伊集院光:で、撮る順まで違うってなると、監督の中の設計図って、めちゃめちゃ難しいじゃないですか。

是枝裕和:難しいですけど、それを毎日、夜、パズルをして。ここがこう変わるって、全部やるんですけど。脚本を書き直すんですね。でも、それが上手くいった時は、本当に面白いですし、今回、それがサクラさんは本当にそこが上手くいったなって気がします。

関連記事


映画「万引き家族」あらすじ・ネタバレ・結末

是枝裕和、『万引き家族』などの撮影で行った「子役にナチュラルな演技をさせる」演出方法「台本ではなく、口立てでセリフを伝える」

是枝裕和、『万引き家族』の中で子役・城桧吏が樹木希林とも見事な掛け合いをしたことに驚く「キャリア何年なんだ?」

是枝裕和、『万引き家族』のツカミとなる冒頭の食事シーンの意図を解説「下品で楽しいのを狙いました」

是枝裕和、『万引き家族』は安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語る「バケモノたちのアンサンブル」

是枝裕和、映画撮影で予定調和が崩れた時にこそ「初めてワクワクする」と語る「自分が、出自がテレビなので」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,是枝裕和,万引き家族,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事