TOP伊集院光とらじおと ≫ 是枝裕和、『万引き家族』は安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語る「バケモノたちのアンサンブル」

是枝裕和、『万引き家族』は安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語る「バケモノたちのアンサンブル」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画『万引き家族』は、安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語っていた。



伊集院光:安藤(サクラ)さんが出す雰囲気みたいなことが…

是枝裕和:素晴らしかったですね。

伊集院光:なんすか?あのバケモノは。

是枝裕和:そうですね、リリーさんも「バケモノだ」って言ってましたね。

伊集院光:あ、言ってましたか?

是枝裕和:お芝居一緒にしながら。

伊集院光:それがもう、『ゴジラ vs キングコング』だから、そこに樹木希林が、バケモノが来ることで、いつももう、ただでさえバケモンなのに、より凄くなっちゃうみたいな。

是枝裕和:そうですね、もう見てて楽しかったですけどね。

伊集院光:僕も見てて楽しかったです(笑)そこに、もっと言えばリリーさんも、覚醒していく感じが見てとれて。あれって、1人バケモノだと、映画としては入れないじゃないですか。

是枝裕和:アンサンブルですね、今回は本当に。バケモノたちのアンサンブルになりましたね。

伊集院光:ふふ(笑)

是枝裕和:僕が言うのも変ですね(笑)

伊集院光:あのバケモノたちを…バケモノたちじゃないよ(笑)樹木希林さんのことを言ってるんだから、バケモノたちじゃない(笑)それを今度、監督としては、そのアンサンブルしなきゃならないわけじゃないですか。

是枝裕和:でも、僕がしてるっていうよりは、やっぱり役者同士なんですよね。今回は、みんな選んだ6人、メインの6人は、全員が自分のセリフを置きにいくことはなかったので。

伊集院光:うん。

是枝裕和:相手の何かを受けて、投げ返すっていうことの連続でそのシーンができていくっていう。

伊集院光:はい。

是枝裕和:だから1人がちょっと変わると、全部変わっちゃうんですよ。それくらい、見ていてライブ感が強い現場だったので。

関連記事


映画「万引き家族」あらすじ・ネタバレ・結末

是枝裕和、『万引き家族』などの撮影で行った「子役にナチュラルな演技をさせる」演出方法「台本ではなく、口立てでセリフを伝える」

是枝裕和、『万引き家族』の中で子役・城桧吏が樹木希林とも見事な掛け合いをしたことに驚く「キャリア何年なんだ?」

是枝裕和、『万引き家族』のツカミとなる冒頭の食事シーンの意図を解説「下品で楽しいのを狙いました」

是枝裕和、映画撮影で予定調和が崩れた時にこそ「初めてワクワクする」と語る「自分が、出自がテレビなので」

是枝裕和、『万引き家族』の取り調べシーンは役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かす


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,是枝裕和,万引き家族,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事