TOP伊集院光とらじおと ≫ 是枝裕和、『万引き家族』などの撮影で行った「子役にナチュラルな演技をさせる」演出方法「台本ではなく、口立てでセリフを伝える」

是枝裕和、『万引き家族』などの撮影で行った「子役にナチュラルな演技をさせる」演出方法「台本ではなく、口立てでセリフを伝える」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画『万引き家族』などの撮影で行った、「子役にナチュラルな演技をさせる」演出方法を明かしていた。



伊集院光:この映画見て思ったのは、この時間帯聴いてる人ってね、子育てしてるお母さんとか多いじゃないですか。

是枝裕和:はい。

伊集院光:僕、思うのは、あの子役たち。子役たちをあんなにのびのびと、正確に…だって、台本のあるもんだから、正確じゃないと困るじゃないですか。なのに、締め付けずにやらせるっていうことって、おそらく子育てのお母ちゃんたちが、一番悩んでることだと思う。

是枝裕和:ああ。

伊集院光:しつけなきゃいけないが、萎縮してほしくないじゃないですか。

是枝裕和:はい、はい、そうですね。

伊集院光:で、いろいろやり方はあるって聞くんですよ。どうやってるんですか?あの子たちの演出。

是枝裕和:あの子たちの演出…まぁ、泳がせるっていう。

伊集院光:あれ、台本を渡さない?

是枝裕和:台本は渡してません。

伊集院光:これがまず凄いんだよ。台本渡さないんだ。

是枝裕和:なので、ストーリーは知らないです。朝来たら、「今日、こんなシーン撮るよ」っていうのをまず伝えて、「オジさんこう言うから、祥太、こう言ってね」っていう。

伊集院光:うん。

是枝裕和:口立てで、全部掛け合いで。その場、瞬間、瞬間、音だけで作ってくんですけど。

伊集院光:うん。

是枝裕和:それに適応できる子をオーディションで見つけるっていう。

伊集院光:ああ、そこからなんだ。

是枝裕和:そこからですね。

伊集院光:それを上手いって言うかどうか分からないけど、慣れてる子っていっぱいいるじゃないですか。

是枝裕和:はい。

伊集院光:僕らもたまにバラエティとかで会いますけども、「○○児童劇団からやってきました、○と申します。伊集院光さんと共演できることを夢見てきました。今日は、よろしくお願いいたします」って子いるじゃないですか。

是枝裕和:たくさんいます。

伊集院光:凄いセリフ覚えがよくて。で、色んな演劇論を語れそうな子…8歳、いるじゃないですか、そういう子。

是枝裕和:はい。

伊集院光:そういう子ではない子をとる?

是枝裕和:そうですね。もちろん、そういう子も…

伊集院光:オーディションには来るでしょ?

是枝裕和:来ます、来ます。その子を否定するわけじゃないんですけども、僕のやり方に適応できる子を残していこうと思うと、そういう子よりは、なんかそうやって人が話しているときに、ちゃんと聞けて笑える子とか。

伊集院光:ああ。

是枝裕和:周りの声を聞ける子の方がいいんですね。だから、そういうところを見たり、口立てでやったセリフの方が、読んで覚えたセリフよりもナチュラルに言えるって子が、100人会うと、3~4人いるんですよ。その子たちを残してくっていう。今回も、そういう2人を残しました。

関連記事


映画「万引き家族」あらすじ・ネタバレ・結末

是枝裕和、『万引き家族』の中で子役・城桧吏が樹木希林とも見事な掛け合いをしたことに驚く「キャリア何年なんだ?」

是枝裕和、『万引き家族』のツカミとなる冒頭の食事シーンの意図を解説「下品で楽しいのを狙いました」

是枝裕和、『万引き家族』は安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語る「バケモノたちのアンサンブル」

是枝裕和、映画撮影で予定調和が崩れた時にこそ「初めてワクワクする」と語る「自分が、出自がテレビなので」

是枝裕和、『万引き家族』の取り調べシーンは役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かす


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,是枝裕和,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事