TOPマキタスポーツラジオはたらくおじさん ≫ マキタスポーツ、プチ鹿島「ツイッター上での『ご冥福お祈り』問題」

マキタスポーツ、プチ鹿島「ツイッター上での『ご冥福お祈り』問題」

2012.12.17 (Mon)
2012年12月16日放送の「マキタスポーツラジオはたらくおじさん」にて、時事芸人・プチ鹿島がゲスト出演していた。そこで、ツイッター(twitter)上での『ご冥福お祈り』問題について語られていた。
うそ社説 〜菅直人の半減期は長いのか〜 プチ鹿島
プチ鹿島「今年は、本当に訃報が多くてね」

マキタスポーツ「あぁ。今年はね。あと、我々もよく話ますけど、訃報のたびにソーシャルネットワークで『ご冥福お祈り』問題がありますね」

プチ鹿島「あれは何なんですかねって話をしたんですよね」

マキタスポーツ「えぇ」

プチ鹿島「要は、ツイッターとかで『〇〇さんが死去』ってなると、『あぁ、この人が死んだか。こういう思い入れがあって、あのドラマ面白かった。ご冥福をお祈りします』って、お前本当に思ってるのか、と(笑)」

マキタスポーツ「うん」

プチ鹿島「祈ってないだろ、と。自分が死んだ人の感想、コメンとを一番につけましたよ、っていうビーチフラッグなんですよね」

マキタスポーツ「ビーチフラッグ、ホントに」

プチ鹿島「あれ何なんですかね」

マキタスポーツ「『俺が最初に行った!』って」

プチ鹿島「僕、三沢光晴って人が死んだ時にね、僕は新日派でしたけど、でも3日間はソーシャル的なもので表明できませんでしたよ」

マキタスポーツ「それはね、このオジサン、ホントにそうだったよ」

さらに、以下のように語っていた。

プチ鹿島「だって、あれでmixi止めたんだから」

マキタスポーツ「はっはっはっ(笑)」

プチ鹿島「『こいつら三沢光晴の思い入れないくせに、何をご冥福お祈りしますだ!』って日記がどんどん上がってきて、腹が立ってmixi止めたんだから」

マキタスポーツ「腹が立っちゃったんですか」

プチ鹿島「うん。俺の方が三沢光晴を知ってるよって」

マキタスポーツ「うん。それと同時に知ったのがmixiやってたんだって話だけどね」

プチ鹿島「意外と赤い印がついてて嬉しかった(笑)」

マキタスポーツ「はっはっはっ(笑)」

【関連記事】
オードリー・若林「評論家きどりばかりのツイッター」

オードリー・若林「ツイッターの善良なる人/攻撃的な人の正体」

オードリー若林が語る「Twitterによる弊害」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : マキタスポーツ,プチ鹿島,ツイッター,twitter,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マキタスポーツラジオはたらくおじさん

本日の注目記事