TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、日本サッカー代表の惨敗したガーナ戦を「よかった」と評価する理由「問題点が明確に分かって」

土田晃之、日本サッカー代表の惨敗したガーナ戦を「よかった」と評価する理由「問題点が明確に分かって」

2018.06.04 (Mon)
2018年6月3日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、日本サッカー代表の惨敗したガーナ戦について、「よかった」と評価する理由を語っていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:日本サッカーね、代表メンバー発表されたということで。まぁ、これもね、サッカーファンから色々あると思いますけれど。

で、まぁこの間ね、日本で最後の試合を行ったんですけれども、ガーナに0対2で負けて、観客大ブーイングということで。

朝日新聞の記事によりますとですね、まぁこういうことがあったということですね。うん…まぁ、でもどうでしょう。僕はね、よかったと思ってるんですよ。

あそこで、まぁスリーバックっていうね、新しいポジションというか、システム試してみて。全然機能しなかったですね。もう、ポジションもかぶるしサイドなんかもね、原口君とか走ってて。選手もね、一生懸命いろいろやってと思いますけど。

まぁでも、結果的にね0対2で負けているわけですし、「あ、全然スリーバックは機能しないんだなぁ」なんて思いながら見てて。で、フォーバックにしたり、岡崎君入れたり、香川真司入れたりして、パス通るようになって、左サイドから、みたいなのあったけど、あれ4年前と一緒ですからね。

何がよかったかっていうと、だから上手くいかなかったから、じゃあどうしなきゃいけないんだっていうのが明確に分かったのは凄く良かったことかなぁと思って。あれ、中途半端に良かったりすると、「これ、イケんじゃないか」っていうんでいくじゃない。

それよりは、もう徹底的にダメだったから、もっともう守備をちゃんとして。本当、カウンターぐらい。なんなら、0対0の試合を目標にするぐらいで、なんとかカウンターで1点取れればなっていう。

それこそ、マイアミの奇跡じゃないですけど。それぐらいしなかったら、初戦のコロンビア…言っておきますけど、すげぇ強ぇですからね、コロンビア。だから、ハメスロドリゲスとか、ファルカオとか言われてるけど、それだけじゃないんですよ(笑)他にもね、いるんですよコロンビアって。

それ初戦ですよ。前回も、チンチンにやられてますから。そことやるわけですから。もうだから言っても守備だと思いますよ。点を取らせないということが大事だと思うんで。だからもう、単純にパス回しが強かったりとか、横パスとかでつなぐのとか、ザッケローニというか、4年前と同じ感じだから。あれはもうベースであるんだからっていうことで。



同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,サッカー日本代表,西野朗,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事