TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、笑福亭鶴瓶のライブ出演後に鶴瓶の写真を見ながら飲んでいて飲み屋の客がドン引き「兄ちゃん、気持ち悪ぃな」

山里亮太、笑福亭鶴瓶のライブ出演後に鶴瓶の写真を見ながら飲んでいて飲み屋の客がドン引き「兄ちゃん、気持ち悪ぃな」

2018.05.24 (Thu)
2018年5月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、笑福亭鶴瓶のライブ「無学の会」出演後に、鶴瓶の写真を見ながら飲んでいて飲み屋の客がドン引きしてしまったと明かしていた。



山里亮太:先日、本当に幸せな舞台があったのよ。それが、あの「無学の会」っていうのがありまして。これはもう、あの鶴瓶師匠が月に一度、大阪の…鶴瓶師匠の劇場。鶴瓶師匠の持ってらっしゃる劇場っていうか、鶴瓶師匠の師匠の家を改築して、で、お客さんは何十人…30人とか、40~50人かな。

もう、超プレミアムチケットに毎回なって。それは、鶴瓶師匠が気になる人をいつも呼んでて。で、大分昔に、南海キャンディーズ呼んでもらって。南海キャンディーズの初代マネージャー・片山さんって人が、「無学の会に出て欲しくて仕方ない」と。

もう、自分が担当した芸人さんが「無学の会」に出るのが、夢の一つなんだっていうくらい、もう結構みんないろんな人が憧れてる。第一回、タモリさんだからね。そう、色んな方が来て。

で、かと思えば、つい最近で言うと小栗旬さんが来て。そういう凄い舞台。で、鶴瓶師匠と、その人それぞれで色々やるんだけど、今回は俺だけで呼んでもらったの、「無学の会」に。

鶴瓶師匠と、二人でずっと喋り続けてて。で、「この舞台上だったら、何訊いてもいいかな」って思って、日頃から鶴瓶師匠は「鶴瓶噺」とかずっと一人喋りでやってるから、そういうことに対しての質問とかも、真摯に答えてくれて。

で、真摯に答えてくれて、「へぇ」って関心した後に、その中に出てきたキーワードを使った、面白エピソードトークをバッて始めて。

で、「山ちゃんはどうなん?」ってきたら、そのキーワードをきっかけにフリースタイルでエピソード対決をする、みたいなの、ずっと師匠と2時間くらい。ずっと舞台上でしゃべり続けるんで、もうさながら漫才のように。

最後はセンターマイクを置いて、2人で漫才してるところを写真撮って。これが幸せで。この日、打ち上げあるのかなぁって思ってたら、鶴瓶師匠も忙しかったみたいで、俺も東京戻らなきゃいけないって。

もう余韻で。余韻で、新幹線も酔えんのよ。酒も買っちゃって、ついいつも。で、どうしてもこの余韻を肴にもうちょっと飲みたいなぁって思って、家帰って、家の近くの行きつけのホルモン屋さんがあるから、そこに1人で行って。

酒頼んで。で、飲んでるわけ。そこで鶴瓶師匠と一緒に撮った写真があったから、それをセンターマイクのところ立ってる鶴瓶師匠と俺の写真を見ながら、クーッと、ホッピーかなんか飲んで。

で、「いいなぁ」って思って。すげぇ嬉しくなって、どんどん酔ってきちゃって。最終的に俺、ケータイのスマホをね、机の上に置いて、鶴瓶師匠の笑顔をアップにしてずっと酒飲んでたの。

そしたら、隣のオジさんがさ、「おお、兄ちゃん、気持ち悪ぃな」って(笑)「どうしたんだい?」って。たしかにそうだよね(笑)鶴瓶師匠の顔見ながら、嬉しそうに酒飲んでて(笑)

本当に幸せだった。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,笑福亭鶴瓶,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、二宮金次郎像がクレームで立像ではなく座った状態の像になったことに呆れる「クレームに対しての弱さ」

前の記事:山里亮太、『テラハ』で口撃し続けた小室安未に意外にも満面の笑みで挨拶をされて動揺「え?いい子なの?」

本日の注目記事