TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「日ハム・栗山監督の大谷投手ドラフト指名」

伊集院光が語る「日ハム・栗山監督の大谷投手ドラフト指名」

2012.10.30 (Tue)
2012年10月29日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、栗山監督の花巻東高・大谷翔平投手へのドラフト指名について語っていた。

伊集院光「みなさん、いかがでしょうか、ドラフト。ドラフト、ご覧になりました?ちょうど先週の番組が野球づくしで、野球に関していっぱいあって、『ドラフト、大谷選手どうするんだろ?』って言ってたら、明けたあたりで、日ハムが『ウチ、指名しますけど?』みたいな」

「『ウチはその時点で一番欲しい選手を一位に指名しますってことだから、去年も菅野投手いきましたけど、今年もメジャー表明している大谷投手を指名します』みたいな話をしてたじゃないですか。もう、どうしたもんかと(笑)これから日ハム名物になっていくのかな、と」

「一位の指名権を無駄にしてまでも、ちょっと突っかかっていく感じが日ハム名物になっていくのかな、と。僕はもう日ハムファンありきだから良いかな、なんて思ったんですけど。ふと思ったのは、当日、結局一位で大谷投手を指名したじゃないですか。それでもちろんそんなことするのは日ハムだけだから、すでに他の球団は一位指名決めていただろうから、日ハムだけなんですよ、いったのは。だけど本人は相変わらずメジャーに行きたいんですよって言ってて」

さらに、以下のように語っていた。

「あれ、当日もう一裏切りして、いかなかったら、どっか下位でいったのかな。俺の頭の中にある、『そうだったら面白くね?』ってことなんだけど。これ大事なのは、『そうだったんじゃねえと、こうだったなら面白くね?』ってヤツなんだけど。よくさ、世の中の出来事で当てはまる陰謀説みたいなのを思いついた時に、それは飽くまで当てはまった気持ちよさとして別にワケなきゃならないんだけど、『そうに違いない!』に勢いついちゃうときがあるから、そこまではいかないんだけど」

「こうだったら面白くね?って思うのは、よそで下位指名を行こうとしている球団があるんじゃないかって読みで日ハムがいってるなら、相当おもしろいねこれっていう。後の世の読み物としてね。自分の行きたい球団とか夢がある個人からすれば面白くも何もないんだろうけど。そんなのを思いながら観てたんですけどね」

【関連記事】
伊集院光「横浜DeNA 返金チケットは失敗だ」

伊集院光が語る「巨人・渡辺恒雄オーナーによる清武GM解任騒動」

伊集院光「横浜モバゲーベイスターズに思うこと」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,栗山英樹,日ハム,大谷翔平,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事