TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「テレビ放送局の既得権益とダウンロード禁止法」

伊集院光「テレビ放送局の既得権益とダウンロード禁止法」

2012.10.23 (Tue)
2012年10月22日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ダウンロード禁止法について語っていた。

伊集院光「全録レコーダが発売されたんだから、テレビ局とかは、早めに今やってる番組をリアルタイム以外に観られるようなことを考えなきゃダメなんだよって思うんだよね」

「あと、ダウンロード禁止法が適応になって、その恩家を受けているのは俺たち(コンテンツ作成側)なんだけど、ダウンロード禁止法ができるのは良いんだけど、ああいうのってさ、テレビ局とかを保護しすぎてねぇかってちょっと思うのね」

「もしくは、radikoって地域の制限があるでしょ?視聴できる制限が。でも、ラジオをデジタルラジオに変えよう、みたいなことより、全然手軽で大勢の人に聴いてもらえる可能性があるのがradikoじゃん」

「俺も馬鹿じゃないから、そうなると地方局をどうやって救うんだよって思うんだけどね。全国で聴けるようになっちゃったら。だけど、アレは何年後に解禁、みたいにして、その間に地方局の人たちが対策を練るようにしないとね」

「俺、思うんだけど、DVDとか簡単にコピーできちゃったりとか、ネットを通じてテレビが觀れちゃったりするじゃんか。それを、制限するための法律を作るために躍起になってるよね。俺達も既得権が失われるかも知れないって怖いけど、じゃあ冷蔵庫が出るときに、氷屋さんって保護された?」

「あと、街の写真屋さんで、現像してくれるの込みの写真屋さんってあったじゃん。オッサンがすでに現像液のニオイがちょっとする感じの。オッサンとすれ違うと、現像液のニオイがするっていう。名前もゲンゾウです、みたいな。上手いことできた話ですね(笑)…それで、デジカメ出るからっていって、街の写真屋さんを守るために、デジカメ作っちゃいけないなんて法案出ないでしょ」

「もちろん、これは強引な話だけど、便利な機械ができたことで、もしかしたら変わらなきゃいけない産業を保護するのに、新しい法律を作ってガッチリやるのって何なの?って思うのよ」

「テレビ局が、5年以内に変わんなきゃいけない、10年以内に変わんなきゃいけないから、ダウンロードみたいなことに関して、あと4~5年厳罰があるっていうのなら、意味は分かるんだけどね。でも、(そういった説明の無い今)何なの?って思うんだよね」

【関連記事】
伊集院光「遠隔操作ウィルスのニュースの不可解な点」

伊集院光「twitterで批判されても続けられるワケ」

伊集院光が語る「スマート家電の不可解さ」

伊集院光「オンライン化で抱えるドラクエの苦悩」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事