TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、『アメトーク』のプレゼンはコアなファンではなく知らない人に向けて行っていると語る「キャッチーな上辺でいい」

土田晃之、『アメトーク』のプレゼンはコアなファンではなく知らない人に向けて行っていると語る「キャッチーな上辺でいい」

2018.04.08 (Sun)
2018年4月8日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、テレビ朝日系の番組『アメトーーク』でのプレゼンは、コアなファンではなく知らない人に向けて行っていると語っていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:今日ね、JAPANCOUNTDOWNっていうランキングの音楽番組見てた時に、今、K-POPで凄い人がいる、と。男性アイドルユニットなんだけど、SEVENTEENっていう人たちで、日本盤のCDが出してないんですって。それなのに、オリコンで2位に入ったんですって、輸入盤だけで。

「凄いな、これ」って。「SEVENTEEN、知らないわ、全然」って思って。で、バーッとなんとなく見てたんです、「そんな人いるんだ」って、情報としてね。

でもね、それをパッと見たときに思ったのよ。きっと、SEVENTEENの熱烈なファンからしたら、「ここがこういうところがいいんだ、こういうところが凄いんだ」って、番組でやってくれてるんだけど、「そこじゃないんだよね。全然違う」みたいな。「そんな上辺じゃないんだ、もっと深いところが」って、絶対思ってると思うけど、そうじゃねぇんだよっていうね。

『アメトーーク』とかでも、見なくていいっていう。欅坂のファンは。「つっちー、そこじゃねぇよ、もっと深い話してくれよ」って人、いっぱいいると思うけど、そこじゃねぇんだよ。知らねぇ人に向けてやってるから。上辺でいいのよ。

もっと言ったら、その上辺もね、「パフォーマンス、踊りが凄いです、歌が凄いです」なんて言ったって、誰も見ないから。

踊り凄いですって言ったら、「じゃあ、三浦大知に勝てんのか?」って話だし、「歌が上手いです」って言った時に、それこそ「宇多田ヒカルさんとか、ドリカムに勝てるのか?」って話になるから。そこじゃないのよ。だから、ちょっとキャッチーなというか、「こういう面白い部分もあるんですよ。こんなちょっと変わった部分もあるんですよ」をちょっとプレゼンして、気にかけてもらったらなっていう。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,アメトーーク,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ
次の記事:土田晃之、俳優・青木玄徳が逮捕されて「たまの休みでハメを外した」と供述していることに苦言「言い訳にもならない」

前の記事:土田晃之、バナナマン日村勇紀と神田愛花アナの結婚を祝福「本当にヒムケンおめでとう」

本日の注目記事