TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAP治療を受けていると告白「無呼吸、危ないから病院へ」

カンニング竹山、睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAP治療を受けていると告白「無呼吸、危ないから病院へ」

2018.03.27 (Tue)
2018年3月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAP治療(鼻もしくは鼻・口を覆ったマスクに、空気に圧力をかけて送り込むことにより、無呼吸を軽減する機械による治療)を受けていると告白していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

リスナーメール:私は、この1年でいびきをかくようになってしまいました。朝起きると、喉がガラガラで、家族から「うるさい」と怒られるように。なんとかしたいです。

カンニング竹山:僕もそうですから。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:あと、いびきは無呼吸の可能性もあるから。

吉田明世:いや、そうですよ。

カンニング竹山:呼吸器科に行って、もしあれだったら、CPAPって機械ありますから。

吉田明世:機械をつければ、呼吸がスムーズにできるようになって、いびきも軽減されるんですよね。

カンニング竹山:いびきもガーガー言わないですから。その機械つけないと。その診断受けたら、本当に危ないからね。睡眠時無呼吸症候群。

吉田明世:そうですよね。竹山さんもいびきかきます?

カンニング竹山:僕も、睡眠時無呼吸症候群で、CPAPつけてるんですけど…お金払いにいかなきゃいけないね。あれ、月1回病院に行かなきゃいけないから。

吉田明世:あ、そうなんですか。

カンニング竹山:そう。最近、ずっとさぼってるからさ、CPAPをさ。

吉田明世:ああ。

カンニング竹山:けど、返しちゃうとさ、怖いからさ。

吉田明世:そうですよねぇ。

カンニング竹山:それつけた方がいいですよ。

吉田明世:ぜひ病院に。

カンニング竹山:無呼吸、危ないから病院行った方がいい。

吉田明世:行ってください。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,睡眠時無呼吸症候群,CPAP,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、「森友学園」問題が真相解明の進まないまま政局の材料にしか使われていない現状に疑問「真実をちゃんと知りたい」

前の記事:カンニング竹山、「おぎやはぎやバナナマン」のようなスタイリッシュな芸人になりたかったと告白

本日の注目記事