TOPたまむすび ≫ 博多大吉、左大腿部を負傷して「モモカン」になってしまい「脚伸ばしっぱなしの漫才がダメ」の状態であると告白

博多大吉、左大腿部を負傷して「モモカン」になってしまい「脚伸ばしっぱなしの漫才がダメ」の状態であると告白

2018.03.14 (Wed)
2018年3月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、番組収録中に「人が左太ももに乗って負傷」してしまい、「脚伸ばしっぱなしの漫才がダメ」の状態であると告白していた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:(モモカンが)「どうやったら治るんですか?」って言ったら、極論っていうか、もうはっきり言えば、自然治癒しかないと。

笹川友里:骨折してるわけでもないから。

博多大吉:そう、そう。「あとは治るのを待ちましょう」と。「それまでやっぱ元気で、なるべく笑顔絶やさずに」みたいな治療法なんやけど(笑)

笹川友里:朝に向けてね(笑)

博多大吉:これねぇ、何がキツイって、普段、こうやってラジオでしゃべる分にはね、全然大丈夫やし。お酒ももちろん飲めます、大丈夫です。まぁ、ある程度大丈夫だと思います、別に何も食べれるし、あれやけど。

笹川友里:ええ。

博多大吉:結局、膝を伸ばし放っぱなし。脚伸ばしっぱなしの体勢が一番ダメなの。

笹川友里:伸ばしっぱなしがダメなんですか?

博多大吉:うん。だから、「寝るときも必ず、膝を曲げておいてください。なぜなら、伸ばしっぱなしだと、そのままね固まっちゃうから」だって。

笹川友里:へぇ。

博多大吉:固まって、次の一歩を踏み出す時に、激痛でもう、出せなくなるのよ。…っていう症状に悩まされてるんですけど。

笹川友里:曲げてたら筋肉が弛緩してるから…

博多大吉:曲げてたる方が、太ももの筋肉って張ってるから、まだ大丈夫なの。伸ばしてる時って、太ももが休んでる状態に近いから、次に伸ばす時に、「いや、もう休みでしょ?ウチ、今、休業中ですよ。シャッター開けないで」ぐらいの抵抗を見せるから(笑)

笹川友里:ああ、休み明けがツライのと一緒でね。

博多大吉:そう。だから、なるべくね、寝るときは膝を曲げて、足を持って固定して、とか。

笹川友里:それ、完全に寝ちゃうとなかなかね、姿勢たもつの大変ですね。

博多大吉:だから、寝起きとかが結構、辛かったりするんですけど。まぁ、ある程度、なんだかんだ言って、人間の体って不思議なもんでね、治りかけてはいるし、今も普通に、ちょっとスピード遅いけど歩いてたでしょ。だから、大丈夫は大丈夫なんですけど。

笹川友里:はい。

博多大吉:ちょっと辛かったのが、先週ね、漫才の仕事があって。考えたら、漫才って一番、モモカンでやっちゃいけない仕事なのよ。

笹川友里:ん?

博多大吉:だって、ずっと棒立ちだから。僕ら、そんなドタバタ、ドタバタする漫才じゃないし、僕なんかとくに、1回センターマイクの前立ったら、そこからもう本当に小さめなピボット踏むくらいの。

笹川友里:ふふ(笑)ピボットターンね(笑)

博多大吉:うん。だからほとんど歩かないから。

笹川友里:華丸さんちょっとね、動かれますけど、大吉先生はそうだわ。

博多大吉:そう。だから、それがね僕わかってなくて。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 博多大吉,モモカン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:博多大吉、漫才のステージで大吉は「番組収録で脚を負傷」華丸は「映画のため坊主頭」での登場で「お客さんを引かせた」

前の記事:博多大吉、番組収録中に「人が左太ももに乗って負傷」したと告白「ラガーマンに多いモモカンになった」

本日の注目記事