TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、イギリスのリアリティ番組『エデン』で参加者が番組打ち切り知らされずサバイバル生活を続けたことに驚愕

伊集院光、イギリスのリアリティ番組『エデン』で参加者が番組打ち切り知らされずサバイバル生活を続けたことに驚愕

2018.03.13 (Tue)
2018年3月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、イギリスのテレビ局・チャンネル4で放送されていたリアリティ番組『エデン(Eden)』で、番組が早々に打ち切りになっていたにも関わらず、そのことを参加者は伝えられておらず、サバイバル生活を続けたことに驚いていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今、あれですかね。自分よりも…よくよく考えてみると、DIMEの連載も、自分から「もういいです」って言ってるわけだし(笑)別に、今ふって思ってみたら、落ち込むことあんま何もないんだけど。

俺より落ちこむべき人、誰かみたいな(笑)落ち込んでもいいのに頑張ってる人誰か問題。なんか、俺、最近聞いたんで、「これすげぇな」と思ったのは、イギリスのバラエティ番組で、いわゆるリアリティーショーというやつで。

20何人を、スコットランドかなんかの郊外の、わりと人里離れた村っていうか、場所に集めて。みんなで自治をするっていうバラエティ番組をつくって。団体でサバイバルをやる、と。で、ビレッジができていく、みたいなところを撮ろうとするっていう番組があって。それこそ、『陸海空』的な、ああいう番組があって。

で、それが元々、プロデューサー的な目論見としては、いろんなメンバーいるけど、紆余曲折ありながら、なんとなくこう団結して助け合いながら、それこそダッシュ村じゃないけど、ああいうものが出来上がっていく感みたいのを撮りたかったらしいんだけど、それがすげぇ殺伐としていったらしくって、あんま上手くいかない、と。

そんな中、見ちゃいられないような状況になりながら、一応、契約期間の1年間かなんか、そいつらに知らされている契約期間、一年間全部やり終わって。

いざイギリスに帰ってきたら、とうの昔に番組が打ち切られているっていう(笑)伝わってないらしいのよ、そのことが(笑)まぁ、俺の見たネットには、「うっかり」みたいなことが書いてあんだけど、うっかりじゃねぇよ(笑)

うっかりはありえないと思うんだ。だって、そこにカメラは回ってたりとかするわけだから。意図的に知らせないにしないと、ありえないと思うし。もしくは、撮った上で、売り込み先を探すってことはあると思うの。撮って編集はして、オンエアしてくれるところを探すけど、結果、オンエアされてないっていうことか分かんないけど。

その話聞いて、「これすげぇな」と思いながら。「むしろそれをベースに編集し直した方が面白くない?」っていう(笑)

なんで打ち切りになるっていう状況の、もともとのテレビ局の会議とかを回さねぇんだって話じゃん。「一方、その頃…」っていう、それ入ってたらすげぇ面白いと思うんだけど、愕然とするよね。

1年間に渡ってオンエアされていると思うからこそ、頑張ったにも関わらず、全然、最初の1クールでもうぶった切られてるらしくて(笑)その話見たときに、「ああ、この人に比べれば」って(笑)「この人たちの方がよっぽど」みたいな。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事