TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、映画『アイ,トーニャ』の上映を心待ちにしていると明かす「見たい」

明石家さんま、映画『アイ,トーニャ』の上映を心待ちにしていると明かす「見たい」

2018.03.11 (Sun)
2018年3月10日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』の上映を心待ちにしていると明かしていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

明石家さんま:(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』出演のマーゴット・ロビーは)かなりのアイススケート、元々上手い人がオーディションに通ったと思うねんけど。映画が決まってから練習したのか。アメリカってな、それぐらい余裕あるくらいに主役決まって、1年間みっちりトレーニングして、とか。ドラマや映画なんかでも、きっちりやらせて、とか。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:あのへんが凄いねんけど。時間とお金の余裕があるからできる技やと思うねんけど。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:元々やってた人やと思うねんけど。この間、チラッとしたシーンしか映らなかったけど、かなり上手いんですよ、スケーティングがね。これはやってはった人やろって。1年でこれは間に合わへんやろって思ったんですけど。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:ほんま、トーニャ・ハーディングの映画を見たいんですけど。

映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」あらすじ・ネタバレ・結末

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:そのセリフの中に、あれはホンマかどうか分からへんけど、「私は刑務所に入るのはいい。だけど、私はスケートが大好きで、留置されるのはいいけれども、お願いだから留置所にアイススケート場を作って欲しい」と。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:「私はただただ、スケートをしたいだけなんだ」っていうセリフが凄いカッコエエねんけど。それはほんまに言ったのか、言ってないのか、また調べなきゃいけないねんけど。

村上ショージ:でも、そんな奴が鉄バイプかなんかでしばきますかね。

明石家さんま:いや、トーニャが生きてんねんね、まだトーニャ・ハーディングも。生きててあの映画をGOサイン出したのはやっぱり、物凄く自分のフォローになってるからやったと思うねんな。「トーニャ・ハーディング、悪くないやん」っていう仕上げになってると。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:現に、悪いっちゃ悪いことやねんけど。アメリカのフィギュアスケート、ナンバー1になるのとナンバー2になるのでは、今後一生、生活っぷりが違うねんな。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:その1位をとりたいって気持ちも分からんでもないやんか。俺たちはそんなでけへんやんか。

飯窪春菜:そうですね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、『お笑い向上委員会』で尼神インター誠子が貧乳過ぎてブラが浮き「ハッキリ乳首が見えた」と明かす

前の記事:明石家さんま、アカデミー賞授賞式で足を負傷していたジョディ・フォスターのコメントを絶賛「トーニャ・ハーディングにやられた」

本日の注目記事