TOPナイツのちゃきちゃき大放送 ≫ ナイツ塙、R-1は漫談とその他のジャンルが違い過ぎて審査も困難だと指摘「部門に分けないと」

ナイツ塙、R-1は漫談とその他のジャンルが違い過ぎて審査も困難だと指摘「部門に分けないと」

2018.03.10 (Sat)
2018年3月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、R-1ぐらんぷりは漫談とその他のジャンルが違い過ぎて、審査も困難だと指摘していた。

ナイツ爆笑漫才スーパーベスト
ナイツ爆笑漫才スーパーベスト

塙宣之:R-1って難しいのが、漫談ともうジャンルが違いすぎて。

土屋伸之:くっきり違うからね。

塙宣之:だから、漫談部門とか、そういう部門に分けないと。ちょっとなんかあれを一つにするのって、なかなか審査員も大変だろうなぁって。

土屋伸之:やっぱ、一つの番組としてやっぱ10組くらい、全部ああいう立ち漫談だけになると、さすがにやっぱちょっと見てて、視聴者ついてこないかなって。

やくみつる:それこそちょっと前くらいまでは、R-1のその「R」の元になった、落語も出てましたもんね。

土屋伸之:そうですね。

やくみつる:(三遊亭)とむとか、0票でずっとめげてましたけどね。

土屋伸之:そう、そう。とむ君も出てた時ありましたけど。

塙宣之:それは難しいよね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送
次の記事:ナイツ塙、R-1優勝の濱田祐太郎が「ほとんど見えないで、あれだけ喋れるか」と驚く「本当に大変」

前の記事:やくみつる、R-1決勝のA・Bブロックからの決勝進出者の選出結果に疑問「いかがなものか」

本日の注目記事