TOPブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! ≫ 松村邦洋が語る「人生の逆境を乗り越える方法」

松村邦洋が語る「人生の逆境を乗り越える方法」

2012.06.30 (Sat)
2012年06月16日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、松村邦洋がゲスト出演していた。

小杉「芸人で一番キツかった時期っていつですか?色んな、電波少年やってたときとか」

松村「電波少年の時は、やっぱり苦しかったですよ。ディレクターとか怖かったですね。ADさんとかつくじゃないですか、ロケで」

小杉「はい」

松村「『ADを連れて行くと、ADを怒ることによって、松村に怒る部分が弱くなる』ってことで、ADの方を連れて行かなくなったんです」

小杉「ふふっ(笑)行かないの?」

松村「はい。だから、ロケの合間とか、火の番をやるんですけど」

小杉「なんですか?火の番って」

松村「寒いので、火の番を誰かがやってなきゃいけないんです」

小杉「野宿してるとき?」

松村「はい。それで火の番をやってたんです。その時にほめられましたよ。『お前は、タレントとしてはよく分かんねぇけどよ、こういう火の番とかは自分からやるって言い出すからよ、そういうところは見なおしたよ』って」

吉田「そんな大親分みたいな喋り方をするんですか?」

松村「ええ(笑)いやぁ、怖かった。元々、ディレクターの方は、海賊がご先祖だったらしくて」

小杉「そんな、あるわけないやろ(笑)」

松村「『俺は先祖が海賊だったから、気性が荒いんだよ』って」

吉田「必要以上にビビらされてますね」

松村「その電波少年が終わってから、『久しぶりに飲みに行くか』って言われて、連れて行っていただきました。そういうふうに、徹底してましたね」

吉田「『今は感謝してます』くらいのトーンですね」

松村「在任中はね、『なんで俺だけこんなことするんだよ。こんなことするために来たわけじゃねぇよ』って思ってて。僕、その頃にちょっと浮かれてたり調子に乗ってた時期もあったので」

小杉「あぁ~『なんで俺がここまでやらなアカンねん』みたいな」

松村「えぇ、ちょっと勘違いの部分も結構ありましたけど。でも、今思うと、良い職業訓練の時期だったかなって思いますね」

吉田「それがあるから」

松村「今がありますね」

さらに、以下のように語っていた。

小杉「それに出てたことによって、私生活に結構支障があったんじゃないですか?」

松村「やられましたね。家にも、イタズラがバンバン来てましたね」

吉田「直接?」

松村「はい。ドアを開けようと思ったら、『ピロピロの家』とかスプレーで書かれてたり。『ファッション・ヘルス松村』って書かれてたり。ネオンがつけられて(笑)」

小杉「ネオンつけられてた?(笑)どんな時代やねん」

松村「TSUTAYAでビデオ借りるときに、合間でパン食べてたら、『パン食ってんじゃねぇよ』って頭叩かれたりとか」

吉田「ケンカとかにならなかったんですか?」

松村「ならなかったですね。僕は昔から、無抵抗のガンジーって呼ばれてたんですよ」

吉田「ガンジーに、さらに無抵抗?」

松村「高校時代から無抵抗」

小杉「ガンジーって、そういうもんなんやけど(笑)」

松村「はい」

小杉「苦しいときに、支えというか心のモチベーションはどんなものやったんですか?」

松村「そういう時には、ポイントが貯まるって思ってたんです。『今は、ポイントを貯めることだ』って」

小杉「しんどいことやってるときに」

松村「えぇ。理不尽だって思ってるときにも、ポイントを貯めると、20代で苦しんだ分は、30代に繰り上げされるって」

小杉「あぁ」

松村「結構、殴られたりするのも、『これ殴られたら1ポイントくらい付くな』くらい思ってて。ポイントがつくと、後々の夢が叶うんじゃないかなぁ、と。マイレージみたいなものですね」

吉田「あぁ~。松村さんは成功なされたから、ポイントやったって言えるけど、その時は、『これ、ホンマに何かに変わるんやろうな?』みたいなのは思わなかったんですか?」

松村「この世界に入れたってことが、ポイントのお陰だなって思ってるんです」

吉田「入ったことがご褒美?」

小杉「ポイント還元の1つとして?」

松村「僕、高校時代にイジメられてて。イジメられっこで、高校も留年して4年通ったんですよね。そのころのポイントが貯まってるから、芸能界入ったんだなって思いましたね」

吉田「あぁ~そういう過去があるから、電波少年で」

松村「そうです」

小杉「そういうことも経て、マラソンで心臓止まられたじゃないですか」

松村「そうですね」

小杉「そこから何か変わりましたか?」

松村「ちょっと痛い思いしましたけど、僕の中では寝ておきたなぁってだけなんですよね」

吉田「リアリティがない?」

松村「うん。倒れて、気がついたらベッドにいたんですけど、俺、完走したんじゃないなかなぁって思ってたんです。『ありがとうございます、完走しました』って」

吉田「いやいや、心臓止まってるから!(笑)」

松村「お陰様で、ありがとうございます!って」

小杉「心臓止まっとったわ!」

吉田「厚かましいなぁ」

小杉「どんな思いでみんな救命措置したと思ってるんですか(笑)」

松村「あと、退院するときに、小学生くらいがやるような『シマウマが何匹いるでしょうか?』みたいな、脳のチェックがあるんですよね」

小杉「うん」

松村「その時に、僕、そういうの得意じゃなくて(笑)『これで2匹じゃないですかね?』って言ったら、お医者さんが腕組みして唸ってて(笑)『そうですか?』って。でも、最終的に帰るときに、『もともとそういう人じゃないですか?』って言われて(笑)」

小杉「はっはっはっ(笑)」と語っていた。

【関連記事】
ブラマヨ×ナイツの対談「ナイツの結成秘話」

ビビる大木「芸人人生を救ってくれた『トリビアの泉』」

博多大吉「芸人になったきっかけ」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ブラックマヨネーズ,松村邦洋,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

本日の注目記事