TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「指原莉乃のスキャンダル、移籍問題」

伊集院光が語る「指原莉乃のスキャンダル、移籍問題」

2012.06.20 (Wed)
2012年06月18日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、指原莉乃のスキャンダル、HKT移籍問題について語っていた。

伊集院光「自分のメモで、『週刊文春』って書かれてるんですけど、これはアノ話題に触れようとして、まとまらなくて止めてるんだと思います(笑)恐らくですけど。なんかまとまらないんだと思うんですけど(笑)」

「まとまってる部分だけを言うと…お友達だったか、恋人だったか、セッ○スをしたか分からないですよ。もう、分からない。少なくとも、別れてからそういうことを吹聴するような人は、大きく言ってもおかしくはないし。まんま言ってもおかしくない。だから、誰にも分からない。本人たちにしか分からないことなんだけどね」

「もし自分が好きで好きで好きで通ってるアイドルが、メールを教えてくれただけ。お話をしただけ、食事をしただけ、もしくは付き合った…このどの段階にしても、もう宝くじが当たったような、ファンタジーじゃん。それで、それを別れちゃった後に言いたくなるっていうのは、たぶん人間の本能として分かるけど、言ったら終わりじゃん」

さらに、以下のように語っていた。

「そのペナルティかどうかは分からないけど、HKTに行くんですってなったときに、HKTのファンの人たちはどう思うのかなぁって思って。最初、HKTの人たちはイヤな気持ちなのかなぁってちょっと思ったんですけど、よくよく考えてみたら、二岡選手が日ハムにきたとき嬉しかったから(笑)」

「僕、日ハムファンで、ジャイアンツがあれだけ色んなことをしてとった二岡選手を、一つスキャンダルあっただけで『もう要らない』っていうんで。それで日ハムに来た時、『頑張れよ!いろんな人を見返す感じで頑張れよ』って思ったから、そんなに単純な話でもないんだねって思って」

「あとは、もっとまとまらない話を言って怒られるから…ちょっと、『週刊文春』消しておくね(笑)」と語っていた。

【関連記事】
秋元康が語る「指原莉乃のスキャンダル、移籍問題」

秋元康が語る「AKB、ももクロ、モー娘。の違い」

秋元康「演出を超えたドラマをみせるAKB48」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,指原莉乃,AKB48,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事