TOP爆笑問題の日曜サンデー ≫ 秋元康が語る「指原莉乃のスキャンダル、移籍問題」

秋元康が語る「指原莉乃のスキャンダル、移籍問題」

2012.06.18 (Mon)
2012年06月17日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、秋元康がゲスト出演していた。そこで、スキャンダルによってHKTに移籍することなった指原莉乃の問題について語っていた。

田中「さしこが大変なことになっちゃって」

太田「さしこ、どうしちゃったんでしょうか?」

田中「ちょうどラジオで、秋元さんとオールナイトニッポンでやったのが一昨日くらいですよね?」

秋元「金曜の夜かな」

田中「ねぇ」

太田「あれは正直、どうでしたか?ニュースが舞い込んできて」

秋元「驚くでしょ(笑)あれ。…AKBって、K-POPと比較されるんだけど。K-POPの場合は、少女時代にしろ、KARAにしろ、凄いスタイルも良いし、可愛いし、完成されてるわけですよ」

田中「うん」

秋元「なかなか『私、KARAに入りたい』『少女時代に入りたい』って言ってもなかなか入れないんですよ。でも、AKB48は入れるんですよ」

田中「うん、うん」

秋元「それの象徴が、指原だったんですよ」

太田「私でもできる、っていう」

秋元「みんなの中に、『指原でも頑張れるんだから』っていう象徴としていたんですよ。指原自身も頑張ってたし、4位までいって、あれは日本中の希望だったわけですよ」

田中「そうですよね。指原は、我々も笑っていいともでずっと一緒にやってきて、それで4位になってみんなでお祝いして、くす玉を割って…すぐにあんな記事がでちゃって」

太田「あれはダメなんですか?セッ○スしてたからダメなんですか?」

秋元「いや、セッ○スしてたかどうかは分からないけど。本人は否定してますよ。本人は、いろんなことを否定するけども、それは分からないし。そこまで色々なことを『これはどうなんだ?』って訊くのも酷だし。それ以上は訊かないし」

田中「うん、うん」

秋元「でも、記事が出て、AKB48のファンの人たちに心配させたことは間違いないじゃないですか」

太田「いや、でもね…ワケの分からない男の記事じゃないですか」

秋元「まぁ、分からないんですよ。分かんない…でも、指原らしいって思うんですよ。ここまで4位まで来て(笑)」

田中「絶頂まできましたよね(笑)だから、指原ストーリーは、完結に近いと思うんですよね」

秋元「これで来年、ベスト3に入って、『指原でも頑張れば…』ってところまで来たじゃない?」

田中「はい、来ましたよね」

秋元「だけど、この記事が出たことによって、『やっぱり指原ダメなんじゃん』って(笑)」

太田「それはそれで、演出家として面白いなって思うんですか?」

秋元「だから、逆にいえば、指原がここまで…こんな、何が起きるか分からない、ってことが起きて。指原がこんなスキャンダルにまみれて。でも、来年また頑張るかもしれないってことに懸けるしかないですよね」

田中「そこで、秋元さん的には、そっちにいくしかないぞ、と。そこで、単に『クビ、引退』ってことだって選択肢の中にあるわけじゃないですか?」

秋元「うん。ありましたね」

田中「でも、そこで…」

秋元「だから、それよりも、本当に期待の星だから」

田中「さしこの功績もあるし」

太田「秋元さんの作ったルールによって、こうなってるわけじゃないですか」

秋元「うん」

太田「恋愛禁止って。秋元さんが作ったんでしょ?」

秋元「作ったわけじゃないけど、暗黙のルールだよね」

太田「暗黙なんですか?」

秋元「みんなアイドルだから。『それ(恋愛)は無いよね?』ってことなんですよ。だから、決してみんなの前で『恋愛禁止ですよ』って言ったことはないですよ」

太田「でも、大半は年頃の女の子だから」

秋元「それはそうですよ。だって、つちやかおりだって、僕が演出してた頃に、こっそり『これからフッくんのところに行って来ます』とか言ってたからね」

田中「はい」

太田「はっはっはっ(笑)バレなきゃ良い?」

秋元「恋愛がいけないんじゃなくて、スポーツと同じで、そんな暇がないはずなんですよ。一生懸命やってたら」

田中「うん、うん」

秋元「何か一生懸命にやってたら、そんな余裕がないはずなんで」

太田「だって、自分だっておニャン子に手を出したくせに」

秋元「その時は、俺は一生懸命やってないもん」

太田「はっはっはっ(笑)ズルイわ。それ、ズルイ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

太田「今回の総選挙で、前田敦子を引退させたでしょ?それは秋元さんのアイデアでしょ?」

秋元「アイデアじゃないですよ(笑)だって、今のAKBを考えたら、前田敦子居た方が良いに決まってるから」

太田「いやいやいや、それはもっとドラマチックにしようと思ってるんでしょ?」

秋元「いやいや。全然ないから」

太田「それは、今は言えないでしょうから」

田中「あっちゃんが言い出したことですよね?それを俺が言うと、『秋元康に騙されてる』ってコイツは言うんですけど」

秋元「僕がやると、なんでも仕込んだって言われるんだけど(笑)指原のそういう記事が出て、これはどこか急遽発表させないといけないと思ってね」

田中「はい」

秋元「なんか公な場はないかって思ったら、オールナイトニッポンがあって。そこに呼べってなったら、その週がレイティング週間だったんですよ(笑)そんなことね…」

太田「変な男に、このタイミングで売らせたんでしょ?(笑)」

田中「そしたら、鬼だよ(笑)…秋元さんらしいなって思ったのは、あの指原、ヘタレのあの子をまた博多で活動させて、いつか涙の復活、ってことは、きっと考えてるんだろうなぁって思ってるんですよ」

秋元「絵は描いてないけど、そうなったら良いなって。そんな計算してないですよ(笑)そんなソロバン好きな人ではないんで」

田中「いいともは、明日、普通に出るの?」

秋元「普通に出ますよ」

田中「俺らはどうしたら…(笑)」

秋元「いや、普通にツッコんでください(笑)『指原、大変だったね』って」

田中「でも、あれ中身が生々しくて…中身にはなかなかツッコめないですよね」

秋元「いや、『生々しいね』ってツッコんであげてください(笑)」

田中「博多に住むんですか?」

秋元「もちろん。向こうの公演に出るわけだから」

太田「でも、俺はあれ普通に純粋な女の子のメールだって思ったけどなぁ。初恋をした女の子の」

田中「メールはね」

太田「でも、ヤっちゃったってのは生々しいけど」

田中「それは別として(笑)ただ、画像を送ったこととか、脇の甘いところは、プロとして配慮したらどうなんだっていうのはあるね」

秋元「写真も分からないわけよ。もう、お父さんが『お前どうなんだ…分かった。その先は訊かんが』っていうのが、この間のあの対応だったんですよ」

田中「うん、うん」

秋元「ファンの人からすれば、どこからがホントで、どこまでがウソか知りたいのは分かるけど、まぁ、それは分からないですよ」

太田「HKTは、現場行ってみたりするんですか?」

秋元「観ますよ。でも、まだ出来たばかりなんで」

田中「若田部の娘さんがいるんですよね。ダイエーホークスの若田部の娘さんが」

秋元「そこが、まだまだなんで…指原が行って」

田中「行くじゃないですか。正直、気まずいですよね」

太田「そこがドラマなんだよ」

秋元「指原が、そこにズカズカって行って、『そんなわけで、みんなで盛り上がりましょう!』って(笑)たぶんね、HKTのファンの子たち、ドン引きすると思うんだよね」

太田「ふはははっ(笑)」

秋元「でも、ドラマとしては、そこで指原を認めてくれるようになるとね」

田中「悪魔ですよ(笑)俺が同じ立場だったら、愛情の方が強くて、その後の展開とか考えられないですよ。もちろん、愛情は強いんだけど、その後の展開をちゃんと考えてるんですよね」

秋元「指原は、そういう無理難題をやればやるほど良いんですよ。だから、寒ブリみたいなもんなんですよ」

太田「はっはっはっ(笑)」

秋元「冷たい海流の中を、泳げば泳ぐほど、身が締まって脂が乗ってくるんですよ」

田中「だけど、変な話、この一件がなかったさしこって、とりあえず、シンデレラ・ストーリー完結に近いじゃないですか」

秋元「そしたら、たぶんなんかやってたでしょうね。本当は、次に指原がシングル出すときに…『ミューズの鏡』って深夜ドラマで、向田真希って役名でやってるでしょ?それで、向田マキと指原莉乃の同時発売をしようと思ってたんですよ」

田中「自分が自分のライバルになるわけですか」

秋元「『今度の同時発売は、自分です』って。そうすると、通常は、10万人ファンがいたら、どうしても5万5万に割れちゃうじゃないですか。…それも面白いかなぁって」

田中「へぇ」

秋元「一番は、指原に『こういうことやったほうが良いよ』って言ったときに、指原が『何でですか!無理です!』って言う声が聞こえれば聞こえるほどいいかなぁって」

田中「サドだよ(笑)」

太田「それをやろうと思ったら、それ以上のことが勝手にきちゃったんですね」

秋元「指原が、この苦難をどう乗り越えていくか。ファンの方も離れていくだろうし、HKTだって歓迎ばかりじゃない。HKTも16人が選抜メンバーですから、そこに指原がきたら、そのなかに入ってくるだろうし」

太田「天下りみたいになってしまうだろうし」

秋元「そこでファンの方々が、どのように認めてくれるかってことですね」と語っていた。

【関連記事】
南キャン・山里亮太が語る「AKB48・指原莉乃の空気読める力」

山里亮太が語る「AKB48・指原莉乃の才能」

有吉弘行が語る「指原莉乃が不謹慎にも笑ってたワケ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,秋元康,指原莉乃,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー
次の記事:秋元康「演出を超えたドラマをみせるAKB48」

前の記事:伊集院光が語る「アンタッチャブル・柴田が干されてたワケ」

本日の注目記事