TOPたまむすび ≫ 古舘伊知郎、大学生だった吉田明世が「古舘自ら行った生講義」の最中に眠ってしまったと明かす「可愛かったですよ」

古舘伊知郎、大学生だった吉田明世が「古舘自ら行った生講義」の最中に眠ってしまったと明かす「可愛かったですよ」

2018.02.26 (Mon)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの古舘伊知郎が、大学生であった吉田明世が「古舘自ら行った生講義」の最中に眠ってしまったと明かしていた。



古舘伊知郎:あのね、人の質問の8割方は、質問じゃないというのはこの頃分かりました(古舘伊知郎、「人の質問の8割は質問ではない」と気づいたと語る「簡便にまとめて欲しいだけ」)。

カンニング竹山:ほう、ほう。

古舘伊知郎:「ちょっと、古舘さん前にニュースやってたから教えて欲しいんだけど、このニュースって、どうなの?」とか。「北朝鮮問題、どうなの?」って振られて、「これに関してまず答えなんか僕は持ってませんが、まず背景としてね…」って喋り出して、7秒半ぐらいで眠そうな顔だよ(笑)

吉田明世:はっはっはっ(笑)

古舘伊知郎:Google検索で、一発で5秒で正解が得られる時代に、簡便にまとめてほしいはずなのに。

カンニング竹山:はぁ、はぁ。

古舘伊知郎:僕がとうとうと喋るでしょ。ほとんど、人が聞かなくなります。

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

古舘伊知郎:それの第一号が、明世ちゃんです。

吉田明世:はっはっはっ(笑)第一号ですか(笑)

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)まさか寝たの?

吉田明世:いや、たしかに深夜2時くらいだったんですよね、あれはね。

古舘伊知郎:はい。

吉田明世:寝た記憶はあります(笑)

カンニング竹山:失礼な話だね。

古舘伊知郎:カワイイでしょ。だってね、娘はね、父親を引きずり出してきて、夜中に起きてるとはいえ。「パレスチナ問題について、概要を教えろ」って言っちゃったっ手前、友達も呼んでるから、聞いてるフリしてるんですよ、ウチの娘。

吉田明世:ちゃんと聴いてました、カオリは(笑)

吉田明世:明世ちゃんはもっとストレートで、自分の親じゃないし。

カンニング竹山:はい、はい(笑)

古舘伊知郎:そういう経緯関係ないから。

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

古舘伊知郎:僕が喋りだしたのはね、まずね、4000年前にユダヤ国、今のイスラエルができたとして。それから出エジプト記で旧約聖書にありますけれども、エジプト区で、ピラミッド建設に従事したであろうと言われる。それは、帰ってくると。それから1000年経って、バビロンの捕囚があって、3000年前の話、だと。また優秀だからユダヤの人々は行った。それからまた戻ってき日から始まって、それから2000年でゴルゴダの丘でイエス・キリストが十字架にかけられて、ローマ軍が来て。それであの嘆きの壁になってるけど、今、宮殿がぶち壊されて、2000年前に流浪の民になったユダヤの人たちが…

カンニング竹山:はい、はい。古舘さん、ちょっと眠くなりますよね(笑)

古舘伊知郎:でしょ?その段階で明世ちゃんの顔を見たの。そしたらね、うっつら、うっつらしてて。これは可愛かったですよ。

吉田明世:もう、睡魔に勝てなかったんでしょうね(笑)

カンニング竹山:テーマが壮大すぎたんじゃない?それ、全部聞かないと歴史も長いテーマだから。

吉田明世:そうですね(笑)

古舘伊知郎:そう。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 古舘伊知郎,吉田明世,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:古舘伊知郎、アナウンサーを志望していた吉田明世に「報道は向かないと思う」とアドバイスしていた過去を告白

前の記事:古舘伊知郎、「人の質問の8割は質問ではない」と気づいたと語る「簡便にまとめて欲しいだけ」

本日の注目記事