TOPたまむすび ≫ 古舘伊知郎、小学生だった吉田明世アナを自宅まで「車で送っていった」と告白「僕の娘と明世ちゃんは同級生で」

古舘伊知郎、小学生だった吉田明世アナを自宅まで「車で送っていった」と告白「僕の娘と明世ちゃんは同級生で」

2018.02.26 (Mon)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの古舘伊知郎が、小学生だったTBSアナウンサー・吉田明世を自宅まで「車で送っていった」と告白していた。



吉田明世:『たまむすび』レギュラー10人体制、最後のスペシャルウィークということで、思い残しがないように、スリリングで楽しい企画をお送りする1週間なんですが。

カンニング竹山:はい。

吉田明世:月曜日の今日のゲストは、なんとフリーアナウンサーの古舘伊知郎さんです!

古舘伊知郎:こんにちは。

カンニング竹山・吉田明世:よろしくお願いします。

古舘伊知郎:もう、2人には縁があるんで、呼んで頂いて嬉しいです。

吉田明世:本当に、ありがとうございます。

カンニング竹山:不思議な縁ですね。一番は、古舘さんと吉田さんですよね。

古舘伊知郎:いや、だってこの明世ちゃん…明世ちゃんって呼んじゃっていいですかね。

吉田明世:お願いします。

古舘伊知郎:ラジオだからでいいでしょ。テレビだとね、もうちょっと気をつかわなきゃいけないですけど。

カンニング竹山:はっはっはっ(笑)

古舘伊知郎:あの…明世ちゃんは、小学校1年の時から僕はずーっと知ってますので。

カンニング竹山:ご近所さんってことなんですか?

古舘伊知郎:あの小学校が娘、僕の娘・次女と…カオリって言うんですけど。明世ちゃんが同級生で。

カンニング竹山:はい。

古舘伊知郎:ずーっと大学まで一緒なんですよ。だから、もう大親友みたいでね。

吉田明世:いや、本当そうですね。

古舘伊知郎:小1の時から、家に遊びに来たり、僕が実家に、世田谷の実家にお送りしたり、車で。

吉田明世:そうなんですよ。

古舘伊知郎:まだ小学生で小さい時、危ないから。ちゃんとお母さんが玄関口から出てきて、ちょこっと立ち話して、「それじゃ帰ります」って、よくありがちな。

カンニング竹山:はい、はい。ありますね。

古舘伊知郎:小学生の親同士、ありがちな。そういうようなところから始まってますから、ちょっと感慨深いです。

吉田明世:そうです。私も今日、どういう気持ちで挑んだらいいのか。

カンニング竹山:友達のお父さんだよね(笑)

吉田明世:アナウンサーとしては、もう大先輩過ぎて。神のような存在。

古舘伊知郎:いや、全然思ってないと思う。

吉田明世:はっはっはっ(笑)

古舘伊知郎:僕の助言、この人は聴いたことないもん。アナウンサー目指してる時。

吉田明世:そんなことない(笑)でもね、親友のパパでもあるので。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 古舘伊知郎,吉田明世,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:古舘伊知郎、「人の質問の8割は質問ではない」と気づいたと語る「簡便にまとめて欲しいだけ」

前の記事:爆笑問題・太田、大杉漣の早すぎる急逝に「遅咲きで、さぁこれからって時に」とその死を惜しむ

本日の注目記事