TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 山里亮太、爆笑問題・太田に敬語で距離をとられて寂しくなってしまったと告白「後輩として可愛がってもらえていたと…」

山里亮太、爆笑問題・太田に敬語で距離をとられて寂しくなってしまったと告白「後輩として可愛がってもらえていたと…」

2018.02.15 (Thu)
2018年2月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、爆笑問題・太田光に敬語で距離をとられてしまい、寂しくなってしまったと告白していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:昨日のね、『爆笑問題カーボーイ』を聴いてた方は知ってると思うんですけど。火曜日の夜、収録でやってらっしゃるんですよ。

僕も昨日はネタ合わせでTBS来てまして。でね、爆笑さんがいらっしゃるということで、収録してる最中…ちょうど、僕がチラッと覗いた時、ちょうどエンディングパートくらいだったんです。

爆笑問題・太田、山里亮太に「『テラスハウス』出演NG」と言われ憤慨したことを直接謝罪「俺は一般視聴者だから」

だからそこで、ちょっとご挨拶を。終わった後に、ご挨拶させてもらおうと思ってスッと覗いたら、「あれ?山里じゃん」と。「入りなよ」みたいな感じになりまして。

で、僕はもう『テラスハウス』の件を。これ、謝罪しなきゃいけないと思ったんです。で、『カーボーイ』のブースに入れていただいたんで。リスナーの方からすれば、大事なエンディング。爆笑問題さんが2人で盛り上がってくところを、楽しみたいところなんですけど、お邪魔させていただきまして。

で、謝ろうと思ったんですけど。いや、またですよ。太田さんの…「そんな攻撃パターンもですか?」っていうのだけど、無茶苦茶謝られたのね、逆に、敬語で。「本当にね、お忙しい中」って。

「いや、そんなそんな…」って。土下座しながら頭突き入れてくる感じ?ガンガン、削られるわけ。「ちょっと待ってください」っていう。「いや、本当にね、すみませんね。なんか、僕みたいな一般人が…」みたいなことを言ってくるわけ。

で、「いや、そんなそんな…」ってなるけど、ふと思ったの。この寂しさ…だから、新しい攻撃として、人に怒る時に、寂しさを感じさせて攻撃するって技があるんだなって思って。

俺、無茶苦茶…ラジフェスとかでね、爆笑さんとやらせてもらって、すげぇ楽しかったの。勝手ながら、物凄い可愛がってもらう後輩の一人の近くに行けたのかなって、おこがましく思ってたの。

で、ここ何週か、『カーボーイ』聴いてても、ケンカめいた感じでやってくれるし。これでなんか、少し天狗になってた。俺は、仲良くしてもらえてるって感じになってたところに、ひたすら謝られるっていうので、妙な寂しさを覚えちゃって、収録中に。

で、結局俺から出た言葉が、「メガネを割ってください」っていう。今までの「ちょっとやめてくださいよ」っていうことを全て打ち壊すようなことを言って。でも、それも割ってくれない、みたいな。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:山里亮太、太田光が南キャン初単独ライブ「他力本願ライブ」についてラジオで30分以上語ったと聞かされるも「他力本願という言葉の由来で…」

前の記事:山里亮太、爆笑問題・太田に「返しに工夫がない」と叱られて戸惑う「初めての怒られ方」

本日の注目記事