TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、しずちゃんが腰痛に耐えながら単独ライブのネタ合わせを続けていたと明かす「激痛に歪む顔で」

山里亮太、しずちゃんが腰痛に耐えながら単独ライブのネタ合わせを続けていたと明かす「激痛に歪む顔で」

2018.02.15 (Thu)
2018年2月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、相方・しずちゃんが腰痛に耐えながら、単独ライブのネタ合わせを続けていたと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:今週の金・土、単独ライブ「他力本願ライブ」が控えてるということで、今、連日、相方ともネタ合わせの毎日でございます。

今日もね、さっきまでいまして。相方と、さらにコントを書いてくれたラブレターズの塚本もいましてですね、ずっとやってまして。

ちょっと罪悪感が一個ございまして。私、ラジオでですね、ウチの相方・しずちゃんが腰の調子が悪い、と。腰が痛いから。

で、腰の痛さを紛らわすために、飲み薬。腰用の飲み薬を飲んでて。その薬は、副作用として、凄い眠気を伴ってしまう。だから、ネタ合わせしている途中に、フガフガ眠そうにしている、みたいな話をしたわけですよ。

するとそれがですね、しずちゃんの耳に入りまして。あの子はですね、一時期はそのコブシに国旗をまとって、オリンピックを目指そうとしていたストイックな女でございますから。

それが耳に入ってですね、どうやらあの子はですね、飲む薬をやめて、湿布に変えたそうで。なかなかネタ合わせ中、激痛に歪む顔でやってましたんでね。まぁ、でも今日はその分、かなり集中できたネタ合わせになったなって思いましたけどね。

関連記事


山里亮太、単独ライブ直前にしずちゃんが腰痛の鎮痛薬を内服して「ネタ合わせ中に寝てしまう」と明かす


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

本日の注目記事