TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林「南キャン・山里亮太をリスペクトしている」

オードリー・若林「南キャン・山里亮太をリスペクトしている」

2012.03.18 (Sun)
2012年03月17日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、若林正恭が南海キャンディーズ・山里亮太について語っていた。

若林「『たりないふたり』って番組が始まるんですよ(4月3日より日本テレビ系列で毎週火曜日深夜25時29分から)」

春日「うん」

若林「山里さんと若林、二人でやるんですけど」

春日「うん」

若林「この間、大阪に一人で行って、そこでふと思ったんですけど」

春日「うん」

若林「山里さんって、この間、ちゃんとスタッフさんから聞いたんですけど、千葉出身じゃん」

春日「うん」

若林「大学に行く前に、NSC、大阪のNSCに通ってたんだって」

春日「うん」

若林「なんで東京NSCもあるのに入らなかったのかって言うと、本場だと思ったから、大阪のNSCで勉強したんだって」

春日「うん、うん」

若林「千葉出身だから、バリバリ関東でしょ?」

春日「そうだね」

若林「それで関西の大学に入って、大阪のNSCに通って、最初、関西弁で漫才をやってたんだって」

春日「へぇ」

若林「『なんでやねん!』って関西弁で練習して」

春日「あぁ」

若林「でも、それがお客さんにすげぇバレるんだって(笑)」

春日「違うんだ」

若林「『なんだ、その関西弁』ってアンケートに書かれてたんだって(笑)」

春日「ヘッヘッヘ(笑)おかしいなぁって」

若林「でも、自分が大阪に行ってって考えると、スゴイことじゃない?」

春日「うん」

若林「千葉出身でお笑いやろうと思って、しかも大阪でやるって」

春日「しかも、一人ででしょ?」

若林「そう」

春日「コンビというか、ある程度コンビを組もうと思ってる人と一緒だったら、まだわかるけど」

若林「スゴイよね。それで、『たりないふたり』っていうのは、ディレクターの安島さんがやってて。それで、各々で飲んでた時に、山ちゃんと俺が言ってる愚痴が全く一緒だって言ってて(笑)」

春日「ヘッヘッヘ(笑)」

若林「それで3人で飲んだのが初めての出会いなんだけど」

春日「なるほど」

若林「当時、山ちゃんを先輩だと思ってて」

春日「うん、うん」

若林「もの凄いリスペクトしてたのよ」

春日「うん、うん」

若林「大ファンで。Youtubeの『山里亮太 ツッコミ27連発』っていうのをいっつも観てたの」

春日「フッフフ(笑)」

若林「この人は天才だなって思って」

春日「うん」

若林「実際に会って、人見知りだったり、社交性がなかったりするっていう、あと逆恨みっていう(笑)色んな共通点で仲良くなったんだけど」

春日「うん」

若林「今、TV局で打ち合わせやってるのよ」

春日「うん」

若林「『おどおどオードリー』は、企画会議に出るっていうのやってきたけど、テレビの地上波のレギュラーでっていうのは初めてで」

春日「うん」

さらに、以下のように語っていた。

若林「…山里さんは、朝の番組とかもやってるじゃない?もともとスゴイのよ。天才なのよ」

春日「どういうところが?」

若林「二年前、三年前からこのたりないふたりとかやってるけど、格段に腕が上がってた」

春日「三年前と比べて?」

若林「めちゃくちゃ面白いのよ(笑)」

春日「ほう」

若林「なんらかのドーピングをして収録しようかなって。俺の地元のよく笑うやつを収録に入れて、とか(笑)体をヌルヌルにしておかないと」

春日「体を掴ませない様に(笑)」

若林「不安で不安で…相当面白いし、大人になってて」

春日「会議で出すアイデアとかが?」

若林「もちろん、それもそうだし。世間では、山里さんってイジられてる部分もあるけど、もうスゴイってなってるんじゃない?」

春日「世間ではどうなんだろうね」

若林「こういうこと、ラジオで言うと怒られるんだけど、『キャラつぶしだ』って(笑)」

春日「まぁまぁ、気づいてはいるでしょうね」

若林「大人になってて。『たりないふたり』なんだけど、足りないのは俺だけなんじゃないかって思って」

春日「若林さんだけ?」

若林「ノンノって雑誌のインタビューを二人でやったのよ。それで、終わり際に、インタビュー終わったところで山ちゃんが『いやぁ、楽しかったなぁ』って部屋を出ていったんだって」

春日「うん」

若林「俺は、雑誌をもらったところで、トートバッグがついてたの」

春日「良いじゃん(笑)」

若林「俺は、トートバッグを持ちながら『トートバッグだ。使おう』って言いながら出て行ったんだって。『若林くん、めっちゃイジってるよね。対して、山ちゃんは"楽しかった"って言うんだよ』って。会議始まる前に裁判になって(笑)」

春日「うん(笑)」

若林「これはもう、『ちょっと足りない山ちゃんと、超足りてない俺』ってなっちゃってるのよ」

春日「うん(笑)」

若林「山ちゃんは、会議にちゃんとおみやげとか持ってくるの。お菓子とか」

春日「はぁ~」

若林「『若林くんは、ホントに自分のシーチキンのサンドウィッチ買ってきて食べてるよね』って言われて(笑)」

春日「フッフフ(笑)」

若林「でも、山ちゃんって、NSCのベースよしもとに出てて、もともとのコンビを解散して、一回ピンになってるんだよね。ピンになったときの芸名とか知ってる?」

春日「ピンをやってたのは知ってるけど、芸名はしらないなぁ」

若林「『イタリア人』って芸名でやってて(笑)」

春日「フッフフ(笑)『続いては、イタリア人です』って言われて出てたの?(笑)」

若林「それで何をやってたかって言うと、ブリーフを履いて特攻服を着て、リーゼントにしてサングラスを掛けてテーブルマナーをひたすら言うっていうネタをやってたんだって」

春日「へぇ(笑)」

若林「『パンを食べ過ぎると、メインが食べられなくなるよ』とかってやってたんだって(笑)それで、俺もアメフトをやってたから、『アメフトとイタリア人でなんかやりましょうよ』って言ったら、それはもうなんの言葉も使わずに、『見えないね』って普通に言われて(笑)」と語っていた。

【関連記事】
南キャン・山里「オードリー・若林はクズだ」

南キャン・山里「実力の差を見せつけられたTHE MANZAI」

伊集院光「南キャン・山里亮太は自分に似ている」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,オードリー,若林正恭,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー・若林が語る「テレビ番組の企画会議の行われ方」

前の記事:ナイナイ・岡村が語る「小栗旬と山田優の結婚」

本日の注目記事