TOPナイナイのANN ≫ 岡村隆史、ジャルジャル福徳がM-1決勝でファイナルに残れず「物凄く悔しがってた」理由を明かす「ここまでやっても…」

岡村隆史、ジャルジャル福徳がM-1決勝でファイナルに残れず「物凄く悔しがってた」理由を明かす「ここまでやっても…」

2017.12.08 (Fri)
2017年12月7日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、M-1グランプリ2017決勝で、ジャルジャル福徳秀介がファイナルに残れず悔しがっていた理由を明かしていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:和牛なんか、普通に劇場でトリとるくらいの漫才やったと思うし、二本目とかも。まぁ、でも僕の中で…これ、ホンマにみんな分かれてると思うんですけど、ジャルジャルがエゲつなかったなぁって思って。

ようあんなネタやるなぁって思って。どういう発想で、これオモロイなぁって、このネタが出来上がっていくのかなって思って。

決勝(ファイナル)には進めなかったですけども。どうやってあのネタ、完成したのかなぁって。物凄い練習量じゃないですか。ホンマに、こういうM-1という形では決勝に進めなかったと思うんですけど、恐らく、新野新先生やとか、香川登志緒先生であるとか、そういう先生が審査員なら、物凄い練習量やし、よかったなぁ、と。

「一つ言うならば、動きがなかったな」って言われるくらいなことで。もしかしたら、優勝してるくらいのネタやったんちゃうかなぁって。

ちょうどその、『めちゃイケ』がシュウ活始まってますから、色んな収録と今後の打ち合わせが物凄いあるんですね。そんな中で、ジャルジャルが「この後、準決勝あるんですよ」言うてて、「頑張りや」って言うて、その後、物凄い長い時間打ち合わせしたんですよ。

よう考えたら、早めに解放してあげて(笑)あんなネタすんのやったら、ネタ合わせさせてあげたらよかったのになって長いこと打ち合わせしてまして。

で、有野が言うてたんですよ。「打ち合わせ始める前にも、めちゃくちゃ練習してたやん」って言うてて。で、決勝見て「あ、このネタやったんや。だからフジテレビの楽屋でもずーっと練習してたんやなぁ」って思って。

だから、福徳の「ようこんな状況でお前、ボケれんな」って、(後藤)淳平に言うた。物凄い悔しがってた、「ここまでやったのに、これでも決勝(ファイナル)に残られへんか」っていう悔しさなんですけど。

でも、そこまでこのM-1にかけてたっていうことですけども。みんな大変ですよね、こうなってきたら。僕ら、早めにABC…M-1とかなくて、一番大きな大会言うたら、ABCのお笑い新人グランプリでしたから。あれだけでなんやろう、とっといてホンマによかったなって。

あれ1本で勝負できてる時代でしたからね。もう今や、こんな…あそこでネタやれって言われたら、ションベンちびるわ。あんなネタも、ようせん。

関連記事


おぎやはぎ矢作、「ジャルジャルが好き」と言うと通ぶってると思われてしまうと指摘「映画で言うと『バッファロー'66』」

岡村隆史、M-1グランプリでジャルジャルに「優勝して欲しい」と発言「『めちゃイケ』も終わることですし」

千原ジュニア、ジャルジャルのコントの作り方に驚き「台本もなくタイトルだけ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 岡村隆史,ジャルジャル,M-1,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

本日の注目記事