TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中、「お笑い芸人である自分」に酔って感動したがる若手芸人に苦言「バンドじゃねぇし!」

爆笑問題・田中、「お笑い芸人である自分」に酔って感動したがる若手芸人に苦言「バンドじゃねぇし!」

2017.11.15 (Wed)
2017年11月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、「お笑い芸人である自分」に酔って感動したがる若手芸人に「バンドじゃねぇし!」などと苦言を呈していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:誰でもあるよ。ちょっと感動するみたいなの、そういう瞬間はあるよ。

太田光:そういう瞬間はね。俺らだって、10週勝ち抜いた時はちょっとな。

田中裕二:それを隠す、隠したい人たちがお笑いをやってるっていうのがあるからさ。

太田光:うん。

田中裕二:だから、それを全面的に…変わってんだよ。今の若い子たちは、将来なりたい職業に「お笑い芸人」なんて人が多かったり、大学のサークルでお笑いのコンビを組む、みたいな。

太田光:うん。

田中裕二:「相方」とか…うわぁ、ヤダ(笑)そういうのが増えてんのは、しょうがない。世の中の時代の変化で。流行りが変わるのは分かる。だからいいんだけど。

太田光:はっはっはっ(笑)

田中裕二:「バンドじゃねぇし!」みたいな(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)それでね、お前に一ついい話がある。

田中裕二:なに?

太田光:井口が『ぶちラジ』の中で、「だけどね、僕は思ったんですよ。ミスチルのコンサートに行ったんですよ。でね、桜井さんがね、『売れない時代に、勝手にドラマなんかのタイアップ曲を作ってた。話も来てないのに、勝手に作ってた。これでなんとかして売れないかなって思ってた』っていうトークをしてた」と。

田中裕二:うん。

太田光:「それを聞いた時に、一見、そういう不純な動機で作ってる歌みたいに感じるかもしれないけど、それって違うんですよ」って井口は言うわけ。

田中裕二:うん。

太田光:「歌を歌い続けるためには、売れなきゃいけない。歌を愛してる人間は、歌を歌い続けたいから、だからこそ、それをやったわけで。僕らも、笑いを続けるためには、M-1に勝たなきゃいけないんです!」って(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:おい、おい(笑)お前は桜井とは全然違うよ(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)もう、本当に(笑)しっかりしろよ。

太田光:「しっかりしろ!」「見失ってるぞ!」って(笑)

田中裕二:俺らの頃とは違うんだろうけどね。M-1の決勝に行くとか。そこで優勝するなんてことは。

太田光:栄誉だからね。

田中裕二:それで全く人生変わるからな。

太田光:変わるからな。

田中裕二:そうなの分かるけど。それを出さないようにしないとだよね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

本日の注目記事