TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・田中、『情熱大陸』の放送で「漫才師の裏側」を仰々しく扱われるのがイヤだったと告白「本当にやめて欲しい」

爆笑問題・田中、『情熱大陸』の放送で「漫才師の裏側」を仰々しく扱われるのがイヤだったと告白「本当にやめて欲しい」

2017.11.15 (Wed)
2017年11月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、TBS系の番組『情熱大陸』で、構成やナレーションなどで、ネタ作りといった漫才師としての裏側を仰々しく扱われるのがイヤであると語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:(お笑い芸人が)本気で感動路線みたいになっちゃうと、ちょっとイタイよな。

田中裕二:そう、だから今、SNSとかあるからさ。

太田光:「普段はアウェイだったファンが、『今回はウェストランド』」みたいなのさ。ちょっとアレだよな。

田中裕二:まぁね。いいんだけど…

太田光:いいんだけどね。若手は、いいんだけどね。

田中裕二:まぁ、気持ち悪いよね(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)本当、気持ち悪いんだよね。笑いはやっぱり、そこじゃないんだな。

田中裕二:そういう裏側を…だから、俺は正直、『情熱大陸』とかもイヤだった。

太田光:イヤだしね。

田中裕二:もう本当、申し訳ないけど。ああいうネタ作りのところとかを。まぁ、いいよ。ネタ作りのところを撮るのはいいけど、ナレーションで「このやり方を彼らはデビュー当時から続けている」とか。で、ネタ帳見せろとか言って。

太田光:大したことない。

田中裕二:ネタ帳を見せて、「このネタ帳が…」って、なんでもねぇよって言いたくなるわけよ。本当にやめて欲しいわけ、それ。

太田光:ヘタをすれば、『情熱大陸』のスタッフの制作ノートの方が、全然凄いよ。

田中裕二:本当にそうだよ(笑)

太田光:正直言って(笑)

田中裕二:本当にそうだよ。

太田光:「お前らの方が凄いんだぞ」って(笑)

田中裕二:お笑いをやってるっていうのは、そういうのから逃れるためにやってるみたいなところあるからね。

太田光:うん。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,情熱大陸,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

本日の注目記事