TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ラジオにおけるリスナーとの信頼関係」

伊集院光「ラジオにおけるリスナーとの信頼関係」

2011.12.07 (Wed)
2011年12月05日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ラジオにおけるリスナーとの信頼関係について語っていた。

話の発端は、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の感想について語っていたことだった(伊集院光「ゼルダの伝説は裏切らない」)。

伊集院光「先週この番組で、『少しオモシロイ』ってコーナーで、本当に少し面白いことを書いてもらって読むだけっていうシュールなコーナーなんですけど、そのコーナーに、井上陽水のホテルリバーサイドの替え歌で、『誰も知らない素顔の八代亜紀』って書いてあって。俺はそれを読んで、『今!?』って言ったの」

「『誰も知らない~素顔の八代亜紀~』って書いてあって。俺はそれを読んで、『今!?今書いてくんの?』って言って。俺はこれ、成立しているつもりだったんだけど、twitterにスゴイ勢いで『あれは、嘉門達夫さんの替え歌メドレーのネタのパクリです』って。それで、『パクった人はヒドイ』みたいな、そして『伊集院さん、あれも知らないんですか?』みたいなのがズラーって出たの」

「もう番組終わって帰ったら、その時の『ウワァ、やっちゃった』っていう…なんていうのかな、『ゼルダは裏切らない』理論から言うと、これはもう俺のトーク力の問題だと思う。その、書いてきている人は、間違いなくわざと書いてるの。『今だ』って思って」

さらに、以下のように語っていた。

「俺も、『今?!』っていう。今週も『チャラリ~鼻から牛乳』っていうのを間違いなく採用しますけど、俺は、勝手に『今、これを言う?』っていうセンスは分かってもらえてるし、俺は分かってもらってるトークをしてるって…これは慢心なんだよ」

「それをゼルダをやりながら思うワケ。『あれは、何が足りなかったのか?』というと、結局、『伊集院光の番組で、そんなことが起こるワケがない』って思わない人がこれほど大勢いるってことなんだって受け止めないと、絶対に駄目だって思うから、wiiコントローラーを振る手も、ドンドン強くなるわけですよ。なんか悔しくて。そのネタを書いてきてくれた人にも申し訳なくて。それを伝えられなくて」

「悔しくて、上から下からバンバン振るもんだから、いつも使わない筋肉にスゴイ負担が掛かるわけですよ。それは、寝ておきたら、痛いですよ。いつもと違うところが、痛いですよ」と語っていた。

【関連記事】
オードリー・若林「芸人は性格が悪くあるべきだ」

オリラジが語る「生放送中のマジ喧嘩で行われた、CM中のやりとり」

南キャン・山里「伊集院光に褒められたことへの反響」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事