TOPナイナイのANN ≫ 岡村隆史、キングオブコントでにゃんこスターが大ウケした理由を語る「お客さんも緊張から解放される」

岡村隆史、キングオブコントでにゃんこスターが大ウケした理由を語る「お客さんも緊張から解放される」

2017.10.06 (Fri)
2017年10月5日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、キングオブコント2017で、にゃんこスターが大ウケした理由について語っていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:まだ全部観れてないんですけど、キングオブコントね。周りが「にゃんこスター、にゃんこスター」言うから、全部観られへんけど、今日、やっぱラジオである程度喋らなアカンやろなぁって思ったから、にゃんこスターだけ、慌てて観ましたよ、2本。

おもろかったなぁ、1本目(笑)1本目、おもろかったけど、2本目は同じ…周りの流れを観れていないもんですから。にゃんこスター2本と、決勝のかまいたちを観たんですよ。その3本しか観てませんので、どういう流れか分からないですけど、にゃんこスター、何も考えんと観たら普通におもろくて。

それはみんな「え?」ってなるやろなぁって思ったんですけど。かまいたちがね、優勝ってことですけど。かまいたち、ついてないよね(笑)おもろいねんで、かまいたちはずっと面白いんですよ。面白いんですけど、今回に限って、にゃんこスターに持って行かれた感はあるやろうなって。

それはかまいたちも分かってて、せっかく優勝したにも関わらずキーってなってると思うんですよ。こんだけにゃんこスターって言われるとはって。優勝したにも関わらずですよ。

コンテストじゃないですか。これも1位を決めるコンテストですから。コンテストの時って、会場、やっぱりコンテスト形式じゃない、たとえばENGEIグランドスラムであったりとか、爆笑ヒットパレードであったりとか、THE MANZAI、ああいうのと違って、やっぱりキングオブコントもピリッとした、多少はピリッとした空気はあると思うんですよ。

そこにやっぱり、松本さんもいはるし…ってなってくると、言うてもお客さんもちょっと、軽い緊張と言いますか、そういうのあると思うんですね。そこで最高の繰られたコント、ようできてるコント持ってくるわけじゃないですか。

そんな中で、緊張感ある中で、にゃんこスターみたいな、あんなポンッて入ると、お客さんも解放されるというか、ちょっとどっかで緊張してるお客さんが、にゃんこスター観てほっとするっていうか。

「こんなんもエエよね」みたいな、そんなんもあって、空気がそっち側にフワーっと流れたんちゃうかなって。全部観てないから分からないですよ。全部観てないから分からないですけど、あんだけにゃんこスター…僕が観た感じでも「おもろいなぁ」って。

「最後にコンビ名言うねや」って(笑)普通、ないじゃないですか(笑)漫才でも最初にね、「○○です、よろしくお願いします」みたいなのはあるけど。「ハイヒールでした、どうもありがとう」みたいなのあるかも分からないですけど。最後に「僕たち…」って、あんな新しい終わり方すんねんなぁって。

それでも賛否あるんでしょ。面白かった、面白くない、みたいな。普通におもろかったけどなぁ。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 岡村隆史,キングオブコント,にゃんこスター,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

本日の注目記事