TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、民進党議員たちが節操なく希望の党へ鞍替えすることに疑問「ポリシーは元々なかったのか?」

カンニング竹山、民進党議員たちが節操なく希望の党へ鞍替えすることに疑問「ポリシーは元々なかったのか?」

2017.10.03 (Tue)
2017年10月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、民進党議員たちが節操なく希望の党に鞍替えしていることについて、「ポリシーは元々なかったのか?」などと疑問を呈していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

カンニング竹山:民進党で皆さんいらっしゃったわけじゃないですか、野党として。

小田嶋隆:はい、はい。

カンニング竹山:野党のプライドとかも、ちょっとありながら、自分の政治家人生あったのかなって思うわけですよね。

小田嶋隆:うん。

カンニング竹山:民進党としての、自分らのプライドもあって、野党をやってる議員なんだなってずっと思ってたんですけど。

小田嶋隆:うん。

カンニング竹山:こうなると、みんな「はい、おさらばよ」って、バババッて行くわけじゃないですか。

小田嶋隆:そうですね。

カンニング竹山:「ポリシーは元々なかったのか?」っていう。

吉田明世:うん。

カンニング竹山:ポリシーもない人たちが、「民進党だ、野党です。政権とります」って、「ウソばっか言ってたのか?」って思っちゃうから。

小田嶋隆:それはね、凄く痛いところ突いてる(笑)

カンニング竹山:でも、そういう人たちが、安倍政権が倒れようと、そのまま行こうと、俺はどっちでもいい…「どっちでもいい」って、怒られるけど。

小田嶋隆:ここに民進党の議員さんがいれば、下向いて黙っちゃうな(笑)

吉田明世:何も言えなくなっちゃう(笑)

カンニング竹山:俺は、無党派だからいいんだけど。これでもし、安倍さんが負けて、希望の党、元民進党の人たちが勝っちゃった場合、元々、何もポリシーがないところが政権を握った時に、またぐちゃぐちゃだろって。

吉田明世:それは怖いですね。

小田嶋隆:選挙に通った後、また分裂するようになるでしょうね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,希望の党,民進党,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事