TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林「春日が売れなかった時代に送ってきたメール」

オードリー・若林「春日が売れなかった時代に送ってきたメール」

2011.11.06 (Sun)
2011年11月05日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、売れなかった若手時代に、春日が送ってきたメールについて語っていた。

話の発端は、『Yahoo!トピックスを作ろう』に送られてきた、「照英 自分の無力を感じ号泣」というネタメールだった。

春日「ふははは(笑)いやいやいや(笑)何があったんだろうか?」

若林「はっはっは(笑)」

春日「突然なのかな?それとも、何か出来事があってからなのかな」

若林「うん」

春日「撮影現場で怒られた、とか。監督に」

若林「お前もさ、『ニッチもサッチもいかねぇな、売れないし』っていって、自分の無力を感じて、俺に長文メールを送ってきたことあったけどさ(笑)」

春日「はっはっは(笑)」

若林「はははっ(笑)そういう感じだよね」

春日「うん(笑)」

若林「『俺は…なんなんですかね?』って電話で言ってたから」

春日「懐かしいね(笑)」

若林「ふふふ(笑)」

春日「オードリー春日になる前、前夜の話だからね」

若林「言ってたから。電話で。『何か言って下さい。何かあったら、言ってください!俺をヒドイときは、殴ってください!』って言ってからね」

春日「くぅ~!(笑)」

若林「そういう意味では、照英さんは何を感じたんですかね。食べ物のコメントですかね」

春日「なんだろうね。我々にも計り知れない、『自分はちっぽけだ』と」

若林「うん。マッスルミュージカルかな」

春日「きっかけは無いんじゃない?ふと、家でテレビ観ている時に」

さらに、以下のように語っていた。

若林「あります?自分の無力さを感じて、ふと号泣したこと」

春日「う~ん、まぁ…あるっちゃあるよね」

若林「どういう時に?ふと、よ?俺、なんだって」

春日「ああいうのは、ふと襲ってくるからね」

若林「20代くらい?」

春日「20代、それこそあなたに『俺は何なんですかね?』って言ってしまう(笑)あの感じは、20代前半で、急によ。家に居て。さんま御殿とか普通に見てて」

若林「うん。くぅ~!ってなるの?」

春日「なるね」

若林「俺も、去年、2回くらいありましたね。急に自分の無力を感じて、代々木のサービスエリアに降りて、号泣したことが2回くらいありましたね」

春日「近々の話をされると、心配になっちゃうよ。私は20代前半だからね。近々になると…何があったんだ、と」

若林「くぅ~!って思ったね(笑)」

春日「突然襲ってくるんですよね」と語っていた。

【関連記事】
オードリー・若林「ブレイク前後でのオードリーの違い」

伊集院光が語る「オードリー・春日は優しすぎる」

オードリー・若林が語る「迷走していた若手芸人時代」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事