TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『ゼルダの伝説BofW』追加DLC「足跡モード」で意外にも踏み入れていない場所がいくつもあったことに驚く

伊集院光、『ゼルダの伝説BofW』追加DLC「足跡モード」で意外にも踏み入れていない場所がいくつもあったことに驚く

2017.09.12 (Tue)
2017年9月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、Nintendo Switch用ソフト『ゼルダの伝説ブレスオブワイルド』の追加DLC「足跡モード」で、意外にも踏み入れていない場所がいくつもあったことに驚いたと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『ゼルダの伝説』は満喫したのよ。本当に満喫して。ストーリーが終わっちゃった時点で、ちょっとロス感あるくらい。

その後も、ちょいちょいイジってて、あんまやらないフルコンプリートみたいのをやりたがったりするくらい、相当ゼルダはやりこんでて。

そのゼルダの追加コンテンツみたいなのが出てたのを…出るまでは「早く出ろ、早く出ろ」って思ってたんだけど、ドラクエ始めちゃったせいもあって、満を持してやりたいから、やらずにおいた、そのゼルダの追加コンテンツみたいな。

「あ、そうだ。あった」って思い出して。「ちょっとやろうかな」って。その追加コンテンツが変わってて。いくつかのパッケージになってんだけど。一つは、「追加シナリオ」的なのがありますよって。これは分かりやすい。

あと、もう一個は、敵が物凄く強くなってるモードみたいなのができます、みたいな。これは手に負えないのよ。いつもそういうモードがあっても、別に強くなってくれなくてもいいしって感じでやんないんだけど。

中にスゲェ地味なモードで、今までずっとやり倒すくらいゼルダをやってきて、基本的にはハイラルっつったっけ、あの世界。ハイラルって世界を、俺が操縦する、俺が操る、俺の分身であるところのリンクって奴が、ずーっと冒険してて。

しかも、何をやってもいい、みたいな。オープンワールドみたいなゲームだから。とにかく色んなところ行きまくってたわけ。そのずっと冒険してたデータで始めると、「足跡モード」って言って、地図上でボタンを押すと、過去200時間のプレイ中に、俺の歩いた足跡が全部地図上に出るっていう。

雨上がりの近所の壁にさ、「ナメクジすげぇいんだな」ってあんじゃん(笑)「ウチのそば、すげぇナメクジいて、しかもあんな遅いはずなのに、すげぇ行動すんだな」っていう感じっていう(笑)それで、当のナメクジがいない、あの不気味さ。そこで一度もナメクジを見てないにも関わらず、あの明け方キラキラの…「こんなに歩いたの?一晩で?」的な。マップの中に、凄い細かい線が200時間分出るっていうモードがあって。

ただそれだけっていうのがあるんだけど、あんなにくまなく歩いたはずのハイラルなのに、全然行ってないっていう。何の足跡もついてないところがいくつかあって。そこに行くと…そこもね、たしかにここは、崖を登ったり下りたりする、と。自分のパラメータでは、スタミナ的に登るのは大変な山の上だとか。そういう理由があるところもあるわけ。

「なるほど、ここは行きにくいんだ」ってところもあるんだけど、中には、意味もなくこの辺来てないっていう。意味もなく、なぜここを通らなかったのか分からないってところがあって。

行くと…攻略本とかネットは見ないから、隙はあるんだけど。世界中に散らばってる、隠れキャラみたいなやつ。それもヒマさえあればかなり探して。かなりの量見つかってる隠れキャラクターが、行ってないところ、いとも簡単に出てくるの。そこさえ通ってれば、目印はあるから。

テキトーにハイラルの国を歩いてた頃、なぜそこに辿り着かないのかが分からない。おそらく、なんとなくまっすぐ行って壁ぶつかったって時に、俺の中に法則性みたいなのが絶対あるの。俺の気付いてない。「なんとなく、ぶつかった時はこっち」みたいな。

もっと言うと、虱潰しにやってるから、「曲がらない方に曲がろう」って意識は持ってるんだよ。いつもと違う方に行こうって思ってるのに、全然踏んでない土地があるっていうことの面白さ。

俺、ゲームずっと夜中にやってると変なモードに入ってくる、気持ちの悪さっていうの?一回も洗ってない体の部分。俺が生まれてこの方、一度も石鹸を付けて洗ってない、5cm×5cmの部分、あるんじゃねぇのっていう。

くまなく洗ってる。「こんなところ洗っちゃったりして」も相当やってますよ。49年間、ですよ、「こんなところ洗っちゃったりして」とか、「今日こそは綺麗になろう」っていう。大掃除で家中のエロ本を全部捨てて、今日から綺麗になるんだって言って、下手すりゃ肛門の中まで洗ったときもありますよ。にも関わらず49年間、1度も触れてない体の位置があるんじゃねぇかって。

我が家、20年住んでる我が家に、踏んでない我が家、あんじゃねぇかとか。なんだろうね、結婚してすぐの頃に、知り合いのレストランの人からもらった小さい引き出しがいっぱいついてる、アクセサリー入れだと思うんだけど。4×4くらいの引き出しがついた小物入れ、開けてないところあんじゃねぇの?高々16個なのに。もっと言えば、家から半径100 m以内に、通ってない路地あんじゃねぇの、みたいなことを思わせる。

その「足跡モード」自体は、なんてことない。何かしようとか、クリアしようじゃない。「やたらこんなに歩いてんだ」っていう。辿ってみると、「こんな崖底から細い方、細い方に行って、自分の体力ゲージギリギリで崖登った上に、悪天候だと登れない」みたいなところにも関わらず。だからこそやたら行ってるところもあるの。

何の目標もないのに、「ここは逃しそうだ」って思ってるんだろうね。「ここは行かなそうだ」って思って、無意識の内にいっぱい行ってるみたいで、「ここはやたら行ってるのに、なぜここに行ってない?」っていう。そこには、とりつくしたと思っていた、ゼルダ特有の鉱物みたいなものがあったりする。あの不思議な感じ。

ゲームにおいて初めての経験なんだよね。

関連記事


伊集院光、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』の謎解き要素に大ハマリ「面白いんだわ、これが」

伊集院光、『ゼルダの伝説 BOW』をやりこみ過ぎてラスボスがあっさり倒れたと明かす「高校不登校以来の…」

伊集院光、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』で飼っている馬に「うまぇり」と命名「松明(たいまつ)を持ってると…」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ゼルダの伝説,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事