TOPたまむすび ≫ 山里亮太、土屋太鳳が加藤浩次もドン引きするほどヒドイ鳥の着ぐるみを着て映画の宣伝をしたガッツを絶賛「凄く頑張り屋さん」

山里亮太、土屋太鳳が加藤浩次もドン引きするほどヒドイ鳥の着ぐるみを着て映画の宣伝をしたガッツを絶賛「凄く頑張り屋さん」

2017.09.06 (Wed)
2017年9月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、女優・土屋太鳳が加藤浩次もドン引きするほど、ヒドイ鳥の着ぐるみを着て映画の宣伝をしたガッツを絶賛していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:私、単純に思ったことが1つありまして。

海保知里:何ですか?

山里亮太:「土屋太鳳ちゃんは、凄く頑張り屋さんね」と思った。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:本当に。

海保知里:今日の『スッキリ』に出てましたよね?

山里亮太:『スッキリ』に映ってた時にね、東京ガールズコレクション、モデルさんだ、女優さんがこのモデルとして出ていて。無茶苦茶、きらびやかな世界で。

海保知里:はい。

山里亮太:凄いのよ。もうみんなね、「どう?私を見て」みたいな感じで、最新の衣装を着たりとか。ツンケン…ツンケンはしてないか。モデルさんは、スーッとランウェイを歩いたりしているわけですよ、みんなね、「どうだ」と。

海保知里:はい。

山里亮太:それがお仕事ですって。それはそれでいい、と。そこにですよ、サプライズで映画の宣伝も兼ねて、今ね、劇場で絶賛公開中『トリガール!』。

海保知里:そう、そう。

山里亮太:主演女優・太鳳ちゃんがね、もう志村さんとかがコントで着るような鳥の着ぐるみを来て登場してね。ワイヤーで吊るされて、「トリガール!」って言っている姿を見た時に、「なんて素敵なんだ」と。

海保知里:素晴らしい。

山里亮太:あわよくば、これを断っている奴もいるであろう、と。こういうことをね。

海保知里:そうですよ。

山里亮太:もう言おうものなら、「私が?主演ですよ」と、それで、その断った人が悪いんじゃなくて、と言ってもいいくらい、滑稽過ぎたんですよ。

海保知里:うん。

山里亮太:俺、加藤さんと俺で朝見ていて、引いてしまうくらい。「いや、太鳳ちゃん偉いな」と。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:ふと思いだしたんですけど、太鳳ちゃんは、『(オールスター)感謝祭』でも番宣でね、もう気絶寸前まで走って。

海保知里:そうでしたね。

山里亮太:挙句、みんながあの番組を番宣したくなるくらい。それで、朝の情報番組『スッキリ』で、太鳳ちゃんがそれを着ているのを見た時に、俺の友達である謎の男はね…まず、事前にVTRを見るわけですよ。

海保知里:天の声さんがね。

山里亮太:天の声が。事前に、VTRを見て。そのVTRを見た時に、痛く感動して。「おい、天の声」と。「お前、このVTRを見て、このままお前、本番行くなよ」と。俺は、天の声の肩をトントンと叩いて。

海保知里:はい。

山里亮太:いや、書くも書いたり、台本いっぱい。そこから今やっている映画のこの『トリガール!』が、いかに面白いかを書いて。それで、いざ本番でそこちょっと足しながら言ったんですけど。

海保知里:はい。

山里亮太:太鳳ちゃんは、宣伝させ上手よね。何かこの子が関わったら、やってあげようと思う。今ね、皆さん劇場に行って『トリガール!』、これね、鳥人間コンテストをいう知らない人でも青春映画として楽しめるから。監督が面白いのを作るのよ、よく。『ヒロイン失格』とか桐谷美玲ちゃん。コメディの要素、英(勉)監督というのが上手な人で。

海保知里:へぇ。

山里亮太:それでね、土屋太鳳ちゃんと間宮祥太朗君が主人公なんだけど、この二人のトムとジェリー的な掛け合いが、漫才みたいで面白いの。それで、そこだけで見ていて凄い、「この二人はどれだけ稽古したんだ?」という、とびっきりのシーンがあったりとか。あとシンプルに泣けるというのがあって、もう笑って、泣けてという青春映画として最高だったの。

海保知里:そんなに良かったんですか?

山里亮太:これは本当に。心を刺されるくらい、太鳳ちゃんが着た衣装がひどかったの。あれはね、『トリガール!』の映画のスタッフさん、もっとちゃんとしないとダメよ、あれ。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:もう絶対にあの衣装、俺がもし土屋太鳳ちゃんだったらね、俺がもし土屋太鳳ちゃんだったら、あの時に頭の中に土屋太鳳ちゃんになった俺が出て来て、急に勝手に俺に告白してきたら、「ごめんなさい」って言うもん。

海保知里:それはおかしいですね(笑)

山里亮太:「山ちゃん、好き」って、1回頭の中では1回告白されて。「え?」となって、ごめんなさい。…今、変な間が生まれましたけど(笑)俺がもし、土屋太鳳ちゃんだったらね、その衣装を渡されて、待機するわけじゃない。

海保知里:はい。

山里亮太:待機して、それでかぶって舞台袖にいる。その袖にモデルさん達がいっぱい通わけですよ。その時に、絶対に恥ずかしいと思う、本当に。それをも感じさせない、飛ぶ土屋太鳳ちゃんの姿、まぁ良かった。これ、ぜひね『トリガール!』劇場で足を運んで下さい。本当に良い映画です。

海保知里:はい。

山里亮太:…っていうことが「南海キャンディーズ山里、土屋太鳳を絶賛」みたいな記事なって、太鳳ちゃんがそれを読んで。「え?山里さん、私のことそんなこと言ってくれたんだ…好き」と。

海保知里:なるのは…

山里亮太:なるのは、事務所に俺が吉本興業の本社で、急に「土屋太鳳ちゃんからこんなものが届いているんだけど」「え?『トリガール!』の映画の招待券じゃない。俺、見たのに…」と、裏見たらLINEのIDが書いてあって。

海保知里:はっはっはっ(笑)

山里亮太:「そんなために褒めたんじゃないけどな」みたいな…っていう展開になったらいいな、と昨日思ったから、今日言っています。

海保知里:これ、つまり妄想に今みんな付き合わされてるんですか?(笑)

山里亮太:ただね、映画は良いのよ。

海保知里:映画は良いね。

山里亮太:本当に、土屋太鳳ちゃんは凄い頑張り屋さんだなという話。

海保知里:でも、それはその通りだと思いました。

山里亮太:俺、全然関係なくてごめんなさい。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,土屋太鳳,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:伊集院光、山尾議員が週刊誌による不倫疑惑で民進党幹事長を断念したことに恐怖「各週刊誌が巨大な力を持ちつつある」

前の記事:海保知里アナ、アメリカでは渡辺謙は「ケン・ワタナビ」でマツタケは「マツタキ」と発音する理由を語る「最後のEは『イ』と発音」

本日の注目記事