TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、不登校で悩み続けることから脱するために学校に行かず外出する「攻めの登校拒否」を提唱

伊集院光、不登校で悩み続けることから脱するために学校に行かず外出する「攻めの登校拒否」を提唱

2017.09.05 (Tue)
2017年9月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、不登校であることを悩み続けることから脱するため、学校に行かず外出する「攻めの登校拒否」を提唱していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:僕が提唱するのは、「攻めの登校拒否」っていう。

上田まりえ:攻め?(笑)

伊集院光:家にいるより…僕の場合は、ぶらぶら落語観に行ったりしてたことが、結局、あとには繋がったので。

上田まりえ:ああ。

伊集院光:昔の感覚で言うと、「学校ズル休みしたのに、表を出歩く」っていうのが、とても自分の中でダメなことって思うような気がするし。

上田まりえ:はい。

伊集院光:「お前、学校休んだのに、野球チームは行くの?」とか。全然OKだと思うんだよね。むしろ行くっていう。むしろ、柔軟して行くっていうくらいの。

上田まりえ:はい。

伊集院光:「スポーツジム行くの?」「スイミングスクールは行けるんだ?」みたいなことに関して、全然問題がないっていうか。

龍崎孝:うん。

伊集院光:むしろ、そういう…これも分かるのは、「一つの手です」に過ぎなくて。

上田まりえ:そうですね。

伊集院光:一つの手としては、「あるかな?」って思うんですけどね。

上田まりえ:ええ。

伊集院光:みんな難しいのはね、ギリギリのところで学校に行ってる人もいて。「行くことが正しい」って信じて行ってる子もいて、っていう中でとても難しいんだけど。

上田まりえ:はい。

伊集院光:一つ、そういう手はどうでしょうかっていう感じですかね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事