TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、『電波少年』の松本明子は「どのロケも、目がギンギンだった」と語る「試合前の総合格闘家」

オードリー若林、『電波少年』の松本明子は「どのロケも、目がギンギンだった」と語る「試合前の総合格闘家」

2017.08.28 (Mon)
2017年8月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、日本テレビ系の番組『電波少年』時代の松本明子は、「どのロケも、目がギンギンだった」と語っていた。

オードリーのオールナイトニッポン 一年史
オードリーのオールナイトニッポン 一年史

2017年8月26日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、

若林正恭:『電波少年』とかやってる時って、物凄かったじゃないですか。アラファト議長でしたっけ?

松本明子:行きました、パレスチナ。パレスチナ自治区に。

春日俊彰:デュエットしに行くやつですよね?

松本明子:そうです。「♪アラファト 私が 夢の国」って。

若林正恭:アッコさんって、今思うと…松村さんは、怖がって超ビビってるんですけど。

松本明子:チーマーを更生させようとかね、よく行ってましたよ。

若林正恭:でも、アッコさんって、立ちションしてる人のベルトを引っ張って。

松本明子:よく覚えてますね(笑)

若林正恭:立ちションがダメになったのよ、条例で。

松本明子:そう、そう。

若林正恭:「立ちションしてる人に、伝えに行きましょう」みたいなので。凄いロケですよね。夜、闇の中で…闇じゃん、大体、立ちションする人って。パーッて行って、「確保!」みたいなこと言って、ベルトごと引き上げんのよ、立ちションしてる人の後ろから。

松本明子:怖かったですよ。

若林正恭:でも、今思いだすと、松村さん怖がってるのは分かるんだけど、アッコさんって、どのロケも、目がギンギンだったよ。

松本明子:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:分かる、分かる。

若林正恭:怖くて、「でも行くしかないですよね」「行け」と。ディレクターの人の圧で行くんじゃなくて、もう目がイってて、試合前の総合格闘家みたいだったよ(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)躊躇しない。

春日俊彰:ブルッてる感じはない。松村さんだったら、スタッフさんに「本当に行くんですか?」「松村、行けよ!」とか言われて。

松本明子:〆谷(浩斗)さんですよ。

若林正恭:〆谷さんですよ、それこそ。

春日俊彰:スタッフさんが怖いから、仕方なしに行く、みたいな感じのイメージでしたけど。アッコさんは、結構ダンッと行くじゃないですか。

松本明子:行ってましたね、たしかに。

若林正恭:怖くないでしょ?正直。

松本明子:なんですかね…でも、一回、干されてるからっていうね。

若林正恭:はっはっはっ(笑)

松本明子:ここがね。

春日俊彰:そこでしょうね。

松本明子:そこかもしれないですね。そこのモチベーションっていうのは。あの時の辛さというか、苦しさというか。

若林正恭:はい、はい。

松本明子:そこに戻らないための、自分のね…

若林正恭:いや、多分、辛かったと思うんですけど。俺もネガティブで、一番仕事がない時、干された時とは違いますけど、一番仕事なくて、誰からも味方がいない、カネもないっていう。

松本明子:あったんですか?そんなの。

若林正恭:10年ですから、初めてテレビで漫才やるまで。

春日俊彰:そうですよ。

若林正恭:その時期に、やっぱ全裸で廊下歩けないですもん。

松本明子:ふふ(笑)

若林正恭:落ち込んでる人間、全裸で手ぬぐい肩にかけて…そういう気持ちにならないと思うんですよ(笑)

松本明子:はっはっはっ(笑)

春日俊彰:たしかにそうだね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,松本明子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事