TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「NHKラジオ深夜便という存在」

伊集院光が語る「NHKラジオ深夜便という存在」

2011.10.04 (Tue)
2011年10月03日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、高聴取率をたたき出している深夜ラジオ便という存在について語っていた。

伊集院光「ラジオ深夜便、ライバルですよ。この番組では、あまり数字の話はしませんが、そこそこ良い成績をおさめさせていただいているんですよ。本当にありがとうございます。おかげさまで、何の人付き合いもしないのに、この番組の池田プロデューサー以外、俺の電話番号も住所も、酒を飲む、飲まないも一切知らない、そういう暮らしをさせていただきながらも、この番組、なんとか続いていけてます」

「社長の加藤嘉一には、露骨にゴマを擦っていきますけどね。この間も、日曜日のイベントですれ違っただけで、『嘉一さ~ん、いや、社長!お靴くらい、お舐めしますんで!』って言う(笑)『加藤さんの家のボロ布は、私の家の一張羅レベルなんですから。お舐めします!いや、舐めさせてください』くらいの社交辞令は言います。お尻も貸せというのなら、貸します(笑)」

「こうして続けていけるだけの聴取率、とらせていただいて。…ラジオ業界でよく言われてるのは、NHKラジオ深夜便の数字の伸びがスゴイってことなんです。これが面白いのが、ラジオ深夜便にドンドン抜かれて行く」

「曜日によっては、深夜なんて、若者の時間のハズなのに、トップがラジオ深夜便ってところもあるんです。だいたい、上層部は『なに2位になってんだよ』とか言って、叱咤したり、怒ったりするわけですけど、数字を見ると、他の番組が落ちてるわけではないんだよ。要するに、TBS、文化放送、ラジオニッポン、…もう一局あったけど…お前、そこに世話になったのに(笑)…ニッポン放送と、あとはFM系もそんなに弱くないんで、FMとかも。これらを足した数字っていうのは、そんなに変わってないんです」

「ラジオってはっきり言って、その『聴取率全体は随分前に下げ止まってるから、ラジオが衰退するんじゃないか』、もしくは『逆にラジオの時代じゃないのか』って言われてて。そうしたことに取材の申し込みとかあるんですけど、僕はあんまりそういうの受けないんですよ。その理由は、ラジオは、10数年前に下げ止まったきりだ、と思ってるからなんです」

「その数字に、どこからか、降ってわいたかのように、ラジオ深夜便が1位に入ってきてるんですよ。テレビ番組でいえば、今まで15%の数字をとってたのが、あまり変わらないまま、急に20%の番組がドンって上がって来た感じなんですよ。だから、誰も俺の中では削っちゃいないだろう、と」

さらに、以下のように語っていた。

「しかも、『ラジオが再ブーム』とかってことを言うけど、これはラジオ深夜便の変な動きが、ラジオ全体の合計した数字を上げてるだけで、このラジオ大ブーム、みたいな取材に対して、元からの数字の俺は関係無いんですよ。現に、この月曜日のラジオ深夜便も、伸びてるよね。伸びてるけど、俺は変わらなくて、そのままって状況なんです」

「これ、何なんだろう?って思うと、結局、いわゆる団塊の世代の人たちが、18~20歳の頃に、深夜放送ブームだったんですよ。それこそ、オールナイトニッポンが始まったの。このときに、深夜放送を聴いていて、一番新しいものの象徴として、『深夜放送って面白い。今まで、ラジオって真面目なだけだったのに、こんなにも俺らのことを分かっていてくれるトークをしてくれる人たちがいるんだ』っていう文化を創るわけ」

「この人たちが仕事して離れてたのが、60歳くらいになって、定年で家に帰ってやることないってなって、リズムが調整できなくて、おそらくラジオを聴くんだと思うのね。そうすると、当時くらいのテンポ、メチャクチャ早いスピードは対応できなくて、ラジオ深夜便の『それでは一通、お手紙を紹介します…』みたいなテンポの方が良いってことになると思うんだ。だからこそ、あのテンポ、スピードは画期的だったと思うのね」

「ラジオ深夜便って、俺は2回くらい聴いたことあるんだけど、本当に普通。普通のはがきを書く能力を、身につけたい。『家庭菜園の抽選に当たって3年、トマトを作ってきましたが、1年1年良いトマトを作れるようになって、みんなが私のトマトを期待してくれるようになりました。今年は二区画目があたりましたので、ほうれん草を植えることにしました。トマトより簡単だと思ったのですが、なかなか手厳しい。美味しいほうれん草が出来たら、送ります。ペンネーム、天高く妻肥ゆる秋』みたいなのが来るワケ(笑)」

「いっぱい寄り道できるじゃん(笑)マンドラゴラを植えても良いし、トマトを抜いた穴にポコチンを突っ込んでも良いし。いっぱいいけるのに、『あぁ…報告をどうもありがとうございます』って感じのヤツなんだけどね」

「モノの分からない人は、『1位が2位になった、2位が3位になった』とかって怒るけど、ラジオ深夜便っていうのはもう、特殊なモノで、ラジオって媒体の中でもう、別のものだと思うよ。それで、アレをこの時間帯の人間が、深夜便の数字をこっちに持って来たいって思ったら、喪うモノばかりだと思うよ」

「俺が、深夜便みたいなハガキを読んでみ?『初孫がついに学校に行くことになりました。私はランドセルをおじいちゃんに買ってもらいましたので、おじいちゃんの私は、ランドセルを買ってあげたいのですが、お嫁さんが"自分で選ばせたいから、お金をください"と言ってきました。お金をあげるのがもったいないワケではないですが、選びたかったなぁ』なんつってね(笑)もうね、それが楽しいんだったら、ラジオ深夜便を聴けば良いんですよ」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光が語る「ラジオパーソナリティとしてデビューした経緯」

有吉弘行「小島慶子にラジオでの好き勝手を指摘される」

伊集院光が語る「兄貴からのネタメール」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ラジオ深夜便,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事