TOPナイナイのANN ≫ 岡村隆史、週刊文春デジタルの映像が高値でTV局に売られていることで「フリーランスのパパラッチが出てくる」可能性を指摘

岡村隆史、週刊文春デジタルの映像が高値でTV局に売られていることで「フリーランスのパパラッチが出てくる」可能性を指摘

2017.08.18 (Fri)
2017年8月17日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、週刊文春デジタルの映像が高値でTV局に売られていることから、「フリーランスのパパラッチが出てくる」可能性を指摘していた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:(週刊文春の)映像とか、普通に(ワイドショーなどの番組が)買うねんなぁって思ってさ。なんなら、自分で「こんなん撮りました」って言って、どんどん売る人も出てくるってことやね。

スキャンダルをどんどん、一個飛ばして持って行く人が出てけぇへん?こういうことになってくると。文春さんが撮った映像じゃなくて、もうはなからハメてやろう、みたいな人が、ダイレクトに…どっかに渡すんではなく、ダイレクトにさばき出すようになれへん?

そういう時代が来てまうかも分かれへんなぁって思うと、ちょっと怖いでしょ?これ、突き詰めていくと。秩序的によ。

「こんなん文春さんに売って、文春さんからお金もらって、またこの映像が文春にお金入るんやったら、私、個人でやってやろか」みたいな。個人商店が出てくる。「個人砲」みたいな(笑)文春砲じゃなくて、「個人砲」みたいな。個人で動き出すような、そんな怖い奴が出始めるんちゃうかなって。

別にエエねんで。僕なんか結婚してないから、別にかまへんねんけど、でも、これ突き詰めていくと、個人で動き出す輩がおるんちゃうかなって。その辺の線引きも難しいけど、ちゃんとしていかんと、ややこしい集団らが出てくるでって。

それこそ、オフホワイトの集団っていうか、グレーの集団みたいな奴が。ちゃんとした組織の、パパラッチとかではなく、ほんまに個人の。アメリカとかハリウッドに近い個人のパパラッチみたいな奴がどんどん、どんどん。カンパニーではない、個人で動き出す奴が。

フリーランスの奴が出てきて、がんじがらめの時代に突入するかも分からんから。もう、うかうか五反田も歩いてられへんでって話ですよ。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 岡村隆史,週刊文春,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

本日の注目記事