TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林「ブレイク前後でのオードリーの違い」

オードリー・若林「ブレイク前後でのオードリーの違い」

2011.10.02 (Sun)
2011年10月01日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、ブレイク前後でのオードリーの違いについて語られていた。話の発端は、、「笑っていいとも!」のレギュラーを務めていたオードリーが9月26日の放送で卒業したことについて語っていた時のことだった(オードリー・若林「笑っていいともで学んだ『笑いの一般化』」)。

若林「昔の漫才のネタをやるときに、思いだそうとして昔の漫才のビデオを観るんだけど」

春日「うん」

若林「なんだろうね…オードリーって、ピントあってないんだよね」

春日「はっはっは(笑)あぁ、分かる」

若林「ちょっとね、圧が強い。やっぱりね、オンエアバトルで書かれましたよ。『みんなね、他の漫才師は元気な声で"よろしくお願いします"って大きな声で挨拶をするのに、あのピンクのベストはなんだ!』ってアンケートに書かれてましたよ」

春日「はっはっは(笑)失礼だ、と」

若林「ゆっくり歩いてきて、挨拶もしない、と」

春日「うん、うん」

若林「それ書いてきたのはバカヤロウだけど(笑)」

春日「その人は番外編だろうね」

若林「今もそう言うヤツはバカヤロウだと思うけど(笑)」

春日「ふふふ(笑)」

若林「この間、お前に散々、相談したんだけどね」

春日「何を?」

若林「たけしさんの漫才特番があって。北野演芸団があって、その最初のツカミで、俺が好きなワードなんだけど『いやぁ、最近悩んでるんだけど…』で春日が『EDか!』『いや、EDじゃないんですけどね』っていうツカミ」

春日「うん」

若林「それを二回くらい確認したの。『これね、春日さん。全国ネットのゴールデン番組なんだけど、EDで入るのって、どうなの?今のテレビって』って言ったら、『誰かを、第三者をEDって言ってるのではなくて、若林さんにEDって訊いてるんで、大丈夫です』って言うから」

春日「うん(笑)色んな経験を経てきてますから」

若林「EDってワードは、OKなの?引く、引かないって問題があるから。それで客席が引いたら、冒頭の冒頭だから、ちょっと厳しくなるじゃないですか。そこから1分くらい。久々のネタ番組だから怖かったんだけどね」

春日「うん」

若林「それで結局、EDをやろうってことになって。『それをやるのが俺たちだろうね』って話になって、結局、やったんだけどね」

春日「はっはっは(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

若林「俺ら、頭の方の下ネタって大好きなのよ。頭の方のシモで、おシャカになっちゃうっていうのが大好きだったんだよ。あの頃の俺らって、ピントズレまくってたな(笑)」

春日「そうね(笑)」

若林「ヒドイ時あったもん。ショーパブで、春日がゆっくり歩いてきて、『チ○コ』っていうときあったもんな(笑)」

春日「はっはっは(笑)」

若林「『すみませんねぇ』って言って始めてたもんね、漫才を。『セッ○ス』って言って始めるときもあったもんな。『みなさんに挨拶しなさい』って言って、『セッ○ス』『すみませんねぇ…』って言って漫才を始めてたときもあったもんな。超スベって漫才を始めて」

春日「うん」

若林「それが今や、相方に『EDは大丈夫か?』ってしっかり確認するようになった俺ね。これは完全にいいともで勉強してたことですよ」

春日「いいとも効果で。また一つ、上のステージに行きましたな」

若林「え?なんですか?」

春日「この距離で聞こえてないの?だから、また一つ成長したなって」

若林「いろんなことが分かってくる、情報、知識が入ってきたってことですよね」と語っていた。

【関連記事】
オードリー・若林が語る「迷走していた若手芸人時代」

オードリー・若林が語る「若手時代に売れなかった理由」

オードリー・若林が語る「オードリーの今後の展望」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事