TOP古舘伊知郎のオールナイトニッポン ≫ 古舘伊知郎、「あざーす」と言う番組スタッフにイラッとしていると告白「ムカッ、イラッとくんだよ」

古舘伊知郎、「あざーす」と言う番組スタッフにイラッとしていると告白「ムカッ、イラッとくんだよ」

2017.08.12 (Sat)
2017年8月11日放送のニッポン放送のラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(毎月第2もしくは第3金曜 22:00-24:00)にて、フリーキャスターの古舘伊知郎が、若いテレビ局やラジオ曲の制作スタッフが「ありがとうございます」の意味で「あざーす」と言っていることに「ムカッとくんだよ、イラッとくんだよ」などと語っていた。

SWITCH Vol.34 No.12 古舘伊知郎 TALKAHOLIC
SWITCH Vol.34 No.12 古舘伊知郎 TALKAHOLIC しゃべくる魂 テレビ屋の反乱

リスナーメール:僕がイラッとする言葉は、「あざーす」です。「ありがとうございます」の略語っぽい感じなんですけど、やたらみんな若い人言ってると思いませんか?

古舘伊知郎:「あざーす」多いね。いつからかな。僕の体感だとね、5~6年前から言ってる感じがするんですよ、「あざーす」って。あれは僕もイラッとしてる。

若いテレビ局やラジオ曲の制作スタッフ、言ってますよ。「あざーす」って。40くらいまで言ってますよ。俺、思ったのは「あざーす」ってムカッとくんだよ、イラッとくんだよ。

「ありがとうございます」って言えばいいんじゃないかって思うんだよ。だけど、よく考えると、自分が「あざーす」って言ってないから、イラッときてるだけで、だったら、人と会ってる時に、後輩がこういうスタジオならスタジオに入ってきた瞬間に、「お疲れ様です」って入った時に、俺、滑舌よく「あ、お疲れ様」って言ってるかって。

「お疲れ様です」って入った瞬間に、「うぃーす」って言ったりしてる。「うぃーす」ってなんだ、ビール飲んだ後のゲップじゃあるまいし。自分だって、あざーすどころの略じゃないよ。「うぃーす」とか、「あ、お疲れっす」とか。

自分のボキャブラリーの中で「うぃーす」とか許して、「あざーす」許さないって言ってるのもどうかって思うよね。でも、なんか符牒とかそういうの言いたいってこともあるし。

略したり今、死後になってる、スタッフで前に気になったのは「じゃあ、サクッといきましょう」って、打ち合わせ(笑)「分かんない、サクッといく」って言われても。ニュアンスは分かるよ。ニュアンスは分かるけど。言ってる方は、「サクッ」て音って、凄く歯ざわり、耳心地もいいし、聞いてて気持ちいいんだけど。

自分が発してて気持ちいい言葉=人が聞いて気持ちいいんじゃない。「あざーす」だって、発してたら気持ちいいですよ。音的に悪くないもん。東証一部上場よりも、「マザース」の方が、柔らかい市場が展開されてるもん、やっぱり(笑)

だから、「言って気持ちいい」のと、「聞いて気持ちいい」っていうのは違うっていうのはみんな心すべきだと思いますね、私はね。

関連記事


土田晃之、視聴者がザキヤマを私生活でもTVの様なキャラと思うことに驚き「そのままは、さんまさんと鶴瓶さんだけ」

千原ジュニア、名言が生み出されるには言葉を発する人だけでなく「言葉を名言と受け取る人も必要」

千原ジュニア、「放り込む」という言葉が田村淳・ピース綾部らの「ぶっこむ」に侵食されてると指摘


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 古舘伊知郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  古舘伊知郎のオールナイトニッポン

本日の注目記事