TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、事務所の関連会社スタッフが提案した「プライドを傷つけられた」企画に激怒「そんな安売りされる筋合いねぇ!」

爆笑問題・太田、事務所の関連会社スタッフが提案した「プライドを傷つけられた」企画に激怒「そんな安売りされる筋合いねぇ!」

2017.08.09 (Wed)
2017年8月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、事務所タイタンの関連会社であるアバンテーベの代表取締役・小林大輔の提案したライブ企画に、「そんな安売りされる筋合いねぇ!」と激怒したことを明かしていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:アバンテーベっていうね、タイタンのネット事業とか、シネマライブとかをやってる会社があって、その社長なんだよね、小林(大輔)っていうのはね。

田中裕二:はい、はい。

太田光:で、メールが来てさ。「太田さん、今回もまたよろしくお願いします」って。その前にも、ちょっとチラッと言われてて、「ああ、いいよ、いいよ」って言ってて。

田中裕二:うん。

太田光:「俺も、さすがにネタを考えるのも面倒くさいから、(ウエストランド)お前ら作家と相談してさ、何をするか、お膳立てをしてこいよ」って。

田中裕二:うん。

太田光:「俺を迎え入れるにあたってだ」って。だって、俺、相当な先輩だから。

田中裕二:ふふ(笑)もちろん、ノーギャラだしね。

太田光:ギャラ出す話じゃないから。だけど、「ああ、いいよ」って。

田中裕二:協力だから。

太田光:そしたら、今回、メールが来たわけ。「今回、考えました」って。「田中さんの、田中先輩ってコーナーがあって、それが盛り上がってるので、田中さんにインタビューしたいと思ってます。つきましては、太田さんに田中さんの今までテレビでは発表してない、田中さんがこんなに変なことをしたっていう、エピソードを、お願いします」って。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:そのメール読んで、一切、返信してない。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「コイツ、舐めてんな」って話だよ。ふざけんなって。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「つきましては、『サンジャポ』の打ち合わせで事務所来られる時の土曜日、一緒に撮りたいと思っています」って。

田中裕二:うん。

太田光:俺は、1ターンくらいはしたの。「もうちょっと考えろ」って。「田中さんの質問は?」っていうのと、「太田さんへの質問は…」って送って来たから。一回言って分かんないやつは、ダメだから。一切無視。当日まで無視。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:それで、『サンジャポ』打ち合わせした時に、小林が来て、「今日はよろしくお願いします」って言うから、「何が?はぁ?ふざけんなよ」って。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:「メールお送りして…」「バカヤロー。ちゃんと考えろっつったよな?秋葉と野口に相談したのか?」「いや、それはまだ…」「まだじゃねぇよ、バカヤロー。あれ、何を話せっていうんだ?丸投げか?俺に」って。

田中裕二:うん。

太田光:「しかも、『テレビでやってない田中の面白い話を言え』だ?お前、何様のつもりだ、この野郎!さんま御殿でも、そんなアンケートこねぇぞ」って。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「お前なぁ、なんか勘違いしてねぇか?俺のことを。俺、タイタン内でそんな安売りされる筋合いねぇんだよ!しかもお前、田中メインの企画に、俺がサブで出るって、どういうことだ!バカヤロー!ふざけんな、お前。絶対出ねぇ、今回は!」って怒ってさ。

田中裕二:怒ってたねぇ(笑)

太田光:怒ったよ、それは。「舐めてんのか」と。「俺を誰だと思ってんだ!」と。「俺はウエストランドより何世代か上の先輩だぞ」と。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「しかも、爆笑問題で言ったら、田中より俺なんだぞ。お前は、なぜそれを分からんか」と。ふざけんな、田中がメインで俺が補足で出るって、どういうことだ、と。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:「お前のところ、二度と出ねぇからな!」って。

田中裕二:小林、泣きそうだったよ(笑)

太田光:当たり前だよ。「ふざけんな、バカヤロー!」って。

田中裕二:もう、なんで怒られてんのかも、よく分かってない風な感じで。

太田光:あんなプライドを傷つけられたことないよ、俺は。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:芸能生活30年。

田中裕二:芸能生活30年(笑)

太田光:こんなにプライドを傷つけられたことはない。だから、ウエストランドには一切、協力しないことにした。小林のせいだからね。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:小林が、俺を怒らせたから。俺は、善意で出てたんだよ。

田中裕二:善意でね。

太田光:それを、丸投げしてくるんだよ。「なんでこんなことになるんだ?」と。俺は、俺で出るのは分かるよ。それで面白い扮装とか考えてくるなら分かる。でも、なんで田中のことを言わなきゃいけないんだ、俺が。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「俺、田中のことで一番プライド傷つくの分かってるよな?」って。

田中裕二:今まで、ウエストランドのために協力してやってくれてるから、「今回も普通にやってくれるだろう」くらいのことで。

太田光:冗談じゃないよ。「なんだ?なんでこんなことになるんだ?」と。

田中裕二:うん。

太田光:俺は、俺で出るなら分かるよ。それで面白い扮装とかなんとかって考えてくるなら分かる。なんで田中のことを言わなきゃいけないんだ、俺がって。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「俺、田中のことで一番プライド傷つくの、分かってるよな?」って。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「でも、出方としては、そういう田中さんとそういうのがあって、一番近いところにいらっしゃる太田さん、それが一番説得力があると思いまして」「説得力があるようなこと、普段してるか?…言っとくけどな、小林。俺は、田中がどうとか関係ねぇんだよ!俺は、自分が一番ウケることしか考えてねぇ人間だから!」って。

田中裕二:俺はね、同じことを言いましたよ、小林に。「これ、素人が学祭とかで芸能人呼んで、『ここで面白い話を5分していただいて』ってノリか?そんなことはあり得ないぞ」と。そういうことじゃないんだってことは、説明しといたんだけどね。でも、涙目になっちゃってた(笑)

太田光:そりゃそうだよ。発注がおかしいんだ。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 爆笑問題,太田光,田中裕二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

本日の注目記事