TOPよんぱち〜WEEKEND MEISTER〜 ≫ カンニング竹山、斉藤由貴の不倫騒動で相手が一般人であることから「個人のことだから、やめてあげたら?」と発言

カンニング竹山、斉藤由貴の不倫騒動で相手が一般人であることから「個人のことだから、やめてあげたら?」と発言

2017.08.08 (Tue)
2017年8月4日放送のTOKYO FMのラジオ番組『よんぱち WEEKEND MEISTER』(毎週金 13:00-16:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、女優・斉藤由貴の不倫騒動について、相手が一般人であることから、「個人のことだから、やめてあげたら?」と語っていた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

鈴木おさむ:ワイドショーのコメンテーター。色んなコメンテーターがいます。

カンニング竹山:はい。はい。

鈴木おさむ:結構、芸人さんは2タイプに分かれてる。というか、比較的自分の意見をあまり言わずに、笑いで避けたりする人は、非常に多いですよね、面白く。

カンニング竹山:はい、はい。

鈴木おさむ:大体、そういう人が多いですけども。結構、竹山君は自分の意見を言いますよね?

カンニング竹山:興味があることは言いますよね。興味があって、ちゃんと勉強したことは言いますね。

鈴木おさむ:なるほど、なるほど。今日の、斉藤由貴さんのやつって、結構真っ二つに分かれてるじゃないですか。

カンニング竹山:はい、はい。

鈴木おさむ:基本、アレなんだけども、「絶妙」って坂上さんが言ったりとか、結構激しく批判したりってありますけど、そういうのは、いつぐらいに決めるんですか?見て、自分の意見を持ってるの?

カンニング竹山:今日の、不倫みたいな問題に関しては、元々がありますよね。根本で言うと、誰しもね、思ってるかもしれないけど、「放っておきゃいいだろ」っていうのはありますよ。

鈴木おさむ:ふふ(笑)

カンニング竹山:だから、新しいルール作ればいいと思うんですよ。芸能人同士が不倫した、これはワンワン騒げばいいと思うんですよ。なぜなら、芸能人同士だから。

鈴木おさむ:ああ。

カンニング竹山:でも、今回の場合は…不倫したかどうか分かりませんよ。事実は知らないけど、斉藤由貴さんと、もう一人、お医者さんかなんかの素人の方でしょ?これは、「個人のことだから、やめてあげたら?」っていう。「言っても、周りみんな不倫してんじゃん」っていう。

鈴木おさむ:なるほど、なるほど。

カンニング竹山:「自分の周りで、結構不倫してる奴いるべ?友達でも」っていう。「それを吊るし上げるようなことは、してもしょうがなくない?」っていうのは、ちょっとありますよね。

鈴木おさむ:うん。

カンニング竹山:別に、何か悪いことしたわけでもなく、一番揉めてんのは、その2人の家族じゃないですか。

鈴木おさむ:うん。

カンニング竹山:我々が色々言うことじゃないでしょ。

鈴木おさむ:うん。

カンニング竹山:そこはあんまり言わなくてもいいのかなって思うんですよ。

関連記事


明石家さんま、今井絵理子議員や斉藤由貴の不倫報道に「自分は大丈夫やって思って」大胆な行動に出てしまうのかと指摘

おぎやはぎ矢作、斉藤由貴が文春のダブル不倫報道を否定したことに心配「文春はこの時だけって思っちゃいけない」

おぎやはぎ矢作、斉藤由貴が「家族ぐるみの付き合い」の医師と不倫疑惑があることに「小木と小嶋陽菜との関係と一緒」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,斉藤由貴,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  よんぱち〜WEEKEND MEISTER〜

本日の注目記事