TOPたまむすび ≫ カンニング竹山・吉田明世、赤江珠緒の「スイカの日」第一子無事出産したことを祝福「おめでとうございます」

カンニング竹山・吉田明世、赤江珠緒の「スイカの日」第一子無事出産したことを祝福「おめでとうございます」

2017.08.01 (Tue)
2017年7月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山とTBSアナウンサー・吉田明世が、同番組を産休しているフリーキャスター・赤江珠緒の第一子出産を祝福していた。

この差って何ですか?


吉田明世:赤江さんが、無事に女の子を出産したということで。

カンニング竹山:そうらしいですね、おめでとうございます。

吉田明世:おめでとうございます。7月27日、「スイカの日」生まれ。

カンニング竹山:スイカの日なんだ、7月27日は。ほう、ほう。

吉田明世:はい。スイカの日だそうですよ。木曜日の『たまむすび』で言ってたんですけど、理由はちょっと忘れてしまう中、縦の線が「綱(つな)」、紐みたいな感じで。

カンニング竹山:綱(つな)ね。

吉田明世:はい。「夏の綱」ということで、「スイカ」だったような気がします、あやふやな記憶。

カンニング竹山:そうですか、アクセントが。

吉田明世: 3,334 g。

カンニング竹山:アクセントが悪いよ、アナウンサーのわりに(笑)

吉田明世:すみません、いつものことで(笑)…3,334 g、健康ですね。

カンニング竹山:それは大きいの?普通なの?

吉田明世:通常サイズじゃないですか、多分。

カンニング竹山: 3,000 g とか、越えるとデカイというイメージが勝手にあった。何の知識もなくてね。

吉田明世:産むの大変ですよね。

カンニング竹山:産むのはね。

吉田明世:大きいと。

カンニング竹山:大きくても、小さくても僕は女性ではないから分からないけど、大変でしょう、きっと。

吉田明世:私の夫は、4,080 g で産まれたんですよ。

カンニング竹山:ええ。それはデカイと分かるな、何か。

吉田明世:でも、「助産師さんがお腹の上に乗って、グッと押して産まれた」と言ってました。

カンニング竹山:ええ?!

吉田明世:あまり大きくなりすぎると、帝王切開になると言いますけどね、今は。

カンニング竹山:はぁ。

吉田明世:でも、赤江さん調度良い数字なんじゃないですか。あと1g少なかったら…

カンニング竹山:3並びね。

吉田明世:3333。

カンニング竹山:そこはね、別にそこは良いです。元気に産まれたのならそれで良いです。

吉田明世:元気に産まれて、良かった。

カンニング竹山:女の子が産まれたんですね。

吉田明世:女の子なんですね。

カンニング竹山:ああ、でも良かった、良かった。

吉田明世:どっちに似ているんですかね?まだ分からないか。

カンニング竹山:でも、そうだね。僕、ダンナさん知らないからね。

吉田明世:私も知らない。

カンニング竹山:どんな顔かが分からないから。

吉田明世:赤江さん、おめめパッチリだから。

カンニング竹山:でも、あれじゃないですか、良い女の子というか、可愛い女の子になるんじゃないですか?遺伝子的に。

吉田明世:なりそうですよね。

カンニング竹山:考えるとね。

吉田明世:赤ちゃんは、生後半年までは毎日顔が変わるらしいですよ。「お父さん似だったり、今日はお母さん似だったりする」って、『ビビット』でやりました、前に。それで半年経つと、段々顔が決まってきて、大人になっていくと。

カンニング竹山:そこから形成されていく、と。

吉田明世:はい。私の姉の子供も、7月3日に産まれたんですけど。確かに毎日見るたびに、顔が今は違うんですよね。「今日は姉似かな?今日はダンナさん似かな?」みたいな感じで。

カンニング竹山:赤ちゃんが選ぶんじゃない?赤ちゃんも見えているから。

吉田明世:ああ。

カンニング竹山:パパとママを見ながら。

吉田明世:そうか。

カンニング竹山:ちょっとずつ。

吉田明世:ちょっと。

カンニング竹山:見たり聞いたりしたものとか、視覚聴覚とかそういうので、脳がインプットしているんじゃない?

吉田明世:変わっていくんですかね。

カンニング竹山:自分のDNA細胞とか、自分の細胞に赤ちゃんの脳が信号を伝達していくんじゃない。

吉田明世:そうだとしたら、凄いですね。

カンニング竹山:生き残っていくためには、こっちがほうが良い、と。

吉田明世:より強い遺伝子と。

カンニング竹山:ママのこの目のほうが良い、と。

吉田明世:はっはっはっ(笑)

カンニング竹山:「パパの目より、ママの目に似たほうが良いぞ」とか。

吉田明世:不思議ですね。

カンニング竹山:もしかしたら、そういう不思議な力もあるのかも。

吉田明世:あるのかもしれないですね。

カンニング竹山:うん、子供ね。赤ちゃん、子供欲しいんじゃないの?

吉田明世:欲しいです、子供。

カンニング竹山:ねぇ。

吉田明世:まあ、でも、本当授かりものなので。

カンニング竹山:そうですね。

関連記事


山里亮太、赤江珠緒の『たまむすび』卒業でラジオ生放送中に号泣「本当に楽しかったからさぁ、赤江さんとやってて」

カンニング竹山、赤江珠緒の『たまむすび』送別会に1人だけ出席できなかった理由を明かす「結婚記念日だった」

赤江珠緒、『たまむすび』卒業にあたってピエール瀧に答辞「瀧氏に弄ばれた5年間は、痛快でもありました」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 赤江珠緒,カンニング竹山,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事