TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「学者コメンテーターの底の浅さ」

伊集院光が語る「学者コメンテーターの底の浅さ」

2011.09.17 (Sat)
2011年09月12日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、学者・識者としてテレビに出ているコメンテーターについて語られていた。

伊集院光「一緒に今、テレビに出ている人がいて。今、テレビに出る学者さんブームじゃん。その中でノシてきてる人で、表情学っていう、『嘘をついている時にはこうする』みたいなことを指摘する人なんですけど(『教科書にのせたい!』で共演中の佐藤綾子か)」

「『ここをポリポリ掻いてるってことは、嘘を吐いてる証拠ですよ』とかって言うんですよ。でも、『それ昨日、とろろ汁が跳ねたヤツかも知らないじゃん』とかって思うんだけどね」

「『オバマ大統領が演説で、ここをポリポリ掻いてるんで、言葉を選んでる証拠です』とかって言うんだけど、オバマが昨日、とろろ汁を食ってる時に、おタマを戻したときに跳ねて、痒いのかも知らないじゃん(笑)俺の中では、そういう風にいつも心の中で思ってるんだけどね」

「表情学の女の先生が、いつも表情学の話をスゴイするんだけど、この間の収録の時に、『実は鉄道マニアでもあって、鉄道の写真集を出したこともある』とか、『ヨガをすごいやってて、ヨガでテレビに出たことがある』とかって話をスゴイ始めるわけ」

さらに、以下のように語っていた。

「先生は、イーファンずつ足してるイメージなのよ。先生は、自分が今、タレント学者として来ているところに、イーファンずつ足しているつもりなんだけど、途中から『ドライブインにウナギとカレー』って書いてる店の感じなんだよね(笑)」

「それは、決して足されないヤツだっていう。お前、元々なんでも良いなって感じが凄いするんですよ。今現在、そう思ってることを見抜かれてないあたりで、大丈夫なのかってちょっと思うんだけど。『大丈夫なの?その乗せ方』って思うんだけどね」

「その先生は、表情から全ての嘘を見抜くって人だから、バレてるハズなんだけど、悪くは言われない。仲良くできてる、変な感じ(笑)」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光「開星高校・野々村直通監督に関するマスコミの態度」

おぎやはぎ・小木「マスコミはなでしこJAPANに甘すぎる」

ナイナイ・岡村が語る「池上彰が受け入れられたワケ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,表情学,佐藤綾子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事