TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「フラッシュフォワードにハマったワケ」

伊集院光が語る「フラッシュフォワードにハマったワケ」

2011.09.16 (Fri)
2011年09月12日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、『フラッシュフォワード』を観ていることについて語っていた。

「カミさんとやること無くなって。ビデオ屋に行って、ビデオでも観ようかってことになって。『フラッシュフォワード』っていう、アメリカドラマを観ようかと。今、土曜日かなんかにテレ朝でやってる、フラッシュフォワードの『フラッシュフォワードって、こんなに面白いんですよSP』ってヤツから入るんだ。いつも、テレビ観てると」

「俺は、それを観る度に、『面白そうだな。…じゃあ、観るの止めるか』って思って。だって、もう途中だから。渡る世間も、えなりくんが大っきくなっちゃってるから止めようと思って。いつか、最初から観ようと思ってるから。DVDBOXになったら、Blue-rayになったら、一話からゆっくり観ようと思って」

「ほぼ観てない状態で、カミさんに『一緒に観ない?』って言って。そのDVD-BOXのお店には、8巻、16話分が入ってて。それを端から観ていこう、ってことになって。全然、ネタバレしない程度で話すと、フラッシュバックってあるじゃない。過去の思い出がシュって思いだされるヤツ。『あぁ、あの時にニッポン放送のディレクターにスゴイ怒られた』とかね」

「おかしい!今、俺はTBSに居るのに。あの20数年前になじられた、あのスゴイ細かいところまでを思いだす、みたいなヤツね。それに対して、フラッシュ"フォワード"だから。ある時、全人類が同時に気を失うの。2分17秒間。全員が夢をみるの。全員、未来の何月何日何時何分の自分のフラッシュフォワードをみてるの」

「2分17秒止まってるから、飛行機は墜落するし、交通事故もあるし。世界中にスゴイ数の死者が出て、しかも、全員が未来をみてるってワケの分からない状況で。『なんで、こんな夢をみるの』って人も居て。中で、主人公のオッサンは、フラッシュフォワード事件を捜査している自分をみてるの」

「自分がゆっくり思いだすと、捜査上に浮かび上がってるヤツみたいなのが、全部、出てるの。6ヶ月後にみつかってる手がかりがいっぱい分かってるんだけど、今の段階では分かんないから、『この人名を覚えている。これをアメリカで検索すると、こういう人が出て来て、その人に話を訊いてみようか』みたいなことになっていくの」

さらに、以下のように語っていた。

「たとえば、6ヶ月後の俺は、3月何日かで、プロデューサーの池田から『長らくやってもらったけど、3月で番組は終了です』って言われて。ワンワン泣きながら、えぇ~って言って。その時の感情は分かるから、『たしかに、あんなことをすれば当然だよな』と思ってるんだけどね。そうすると、池田は俺が泣きながら池田のスネをベロベロしゃぶりながら、『カンベンしてくれ』って言ってるのが、意外と気持ち良いなって思ってる自分がいるから、それがリンクするわけじゃないですか」

「それで、それをこの部屋で二人っきりって思ってたら、ミキサーの岡部さんは、いつもプライベートでやってる、色んな配線を性器に巻き付けて『ミキサーになって良かった!ミキサーになって良かった!』遊びを今日もやってるから(笑)それを下でやってて、『やべぇ、伊集院と池田入ってきた』っていうのを見てて、それぞれのフラッシュフォワードを見てるわけですよ」

「それぞれのフラッシュフォワードが絡み合っていく、そしてそれが解かれていく、みたいなね。あと、見なかったヤツはなんなんだ、みたいなこともあって。そこで、ちょっと面白いなって思ったんですけど、基本、僕はドラマを観ないので、観るのと観ないのとの差が激しくて。カミさんは、連続4本観たあたりで、『眠いから寝る』って言って、寝ちゃったの。俺は、もっと見たくて、10話くらいまでいったかな。延々と夜中」

「それで出来上がって面白かったのは、カミさんにとって、俺はフラッシュフォワードを観てる人じゃないですか。分かります?カミさんにとって、俺はもう未来を観ている人だから、そのドラマにも出てくる『知ってるが故に言えない人』って立場の人がいたりとか。そういう意味で、フラッシュフォワード現象になってくる」

「観ようって思ったきっかけは、たまたま土曜の夜中にやることなくてテレビガチャガチャやってて観だしたテレ朝の記憶がちょっとだけあって。恐らく、スゴイ先の話なんだろうけど、まるでフラッシュフォワードのようになってる。ビデオで借りてきて観だした時には、『俺は1秒も観てない』って自信があったの。今言ったような設定だけを聞いて、面白そうだなって思ったんだけど、そんなワケはないんだよね」

「局アナだけを連れてきてテキトーに煮染めたような番組を観て、そこまで惹かれるワケがないんだよね(笑)言い方あるぞ!お前。言い方ってもんがあるからな、お前(笑)それで、ちょっと観てる記憶のあるシーンがあって。それも、10話観て、もう寝ようと思った時に。今、僕が見終わった16話の段階では、どんでん返しじゃねぇかって、思うシーンが3分間くらい頭の中に浮かぶワケ」

「『あれ?アイツなんだ』っていう。『アイツ、この部屋に入って、こんなことをしてた』っていう。テレビでフラッシュフォワードをやってる時に見た、完全にフラッシュフォワード。俺が置かれてる状況が、未来を数分知っていて、『こんな未来になるわけがない』ってことに戸惑ってる、という。完全に疑似体験になってノってるっていう」

「あと、アメリカ人ってズルイなって。こんな滅茶苦茶な設定、日本でやってたら観る?これが主演が豊川悦司だったら観る?俺は見ないと思うんだよ。『何言ってんの?』って思うだけだし、スゴイとっちらかってるし。それに、タイムスリップって、古典的などうしようもないヤツじゃん。それって。俺たちはドラえもんの頃から聞かされてるんですよ。

「なんだけど、アメリカの発想と、テレビ局が『連続ドラマを面白くする』っていうバイブルを持ってるじゃない。『こうすれば、視聴者は来週も観る』っていうバランスの振り方を持ってると思うんですよ。それに、まんまと乗せられてるから、観れちゃうんですよ。どうせ、納得のいく説明なんか無いんですよ」

「だって、タイムスリップ物だから。タイムスリップ物に、納得のいく説明なんかあるわけないんですよ。思い切り豪腕でねじ伏せて終わりだっていうのは分かってるんですけど、今の段階の俺のフラッシュフォワード感、みたいなのが面白くて。何巻で終わるのか、全然、情報無いんですけど、そのまま突っ走ってみようかと思って」

「同じドラマを観ることで、カミさんと話題を共有しようかと思ったんだけど、一切、喋れない(笑)その状況に今、なってるね。海外の」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光が語る「映画・ドラマのネタバレが過ぎる予告編」

伊集院光が語る「金八先生を観てこなかった理由」

伊集院光「HEAVY RAIN(ヘビー・レイン)にハマる」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,フラッシュフォワード,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事