TOPライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル ≫ 小島秀夫、『メタルギアソリッド』は第一作目で「一発限りというつもりで作った」と告白「最後にしたかった」

小島秀夫、『メタルギアソリッド』は第一作目で「一発限りというつもりで作った」と告白「最後にしたかった」

2017.07.26 (Wed)
2017年7月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(毎週土 22:00-24:00)にて、ゲームクリエイター・小島秀夫が出演し、世界中でヒットした『メタルギアソリッド』シリーズについて、第一作目で「一発限りというつもりで作った」と告白していた。

ゲームデザイナー小島秀夫の視点
ゲームデザイナー小島秀夫の視点

宇多丸:キャラ萌えというかシリーズ化っていう意味で言えば、小島さんの作品ってでも、結構世界観がずっと連続してたり、キャラクターも同じ人が出て、同じ人の前だったり後だったりが出てきたりとか。わりとだから、そういう意味では今のエンターテイメントの感じは、フィットしやすい?

小島秀夫:そうですね。同じ主人公というか、後付けなんですけどね。

宇多丸:ああ、そうですか。

MGSは「一発限りのつもり」だった


小島秀夫:当初は、一発限りというつもりで作った。

宇多丸:最初に、ユニバースとか、それこそ思い描いて…

小島秀夫:全くないです。『スター・ウォーズ』とは、そこが全く違うので。

宇多丸:いや、でもルーカスもね、俺、後からいっていると思いますよ、多分(笑)

小島秀夫:1が…『ソリッド』ですよ。『ソリッド』なんて、もうそれ最後にしたかったんで。

メタルギア ソリッド
メタルギア ソリッド

宇多丸:うん。

小島秀夫:それなので、同じやつが出てくるじゃないですか、タイガーマスクとか仮面ライダーとか、ウルトラマンとかね。

宇多丸:うん。

小島秀夫:一番強い奴って、自分とそっくりなんですよ、ヒーローって。

宇多丸:ああ。

小島秀夫:強敵って出てきますけど、やっぱり、自分の能力と同じ能力が出て来た時が、最終回でね。

宇多丸:はい、はい。

小島秀夫:「これが最後や」というので、リキッド(・スネーク)なんですよ。

宇多丸:はい。

小島秀夫:ほんなら、ちょっと僕の予想をはるかに超える、世界中でヒットしてしまいまして。

宇多丸:ねぇ。

MGS2のコンセプトは『LAコンフィデンシャル』


小島秀夫:それで、2をどうしようかっていう話で。2は、1を全て、1の資産を全部破壊する。1のシミュレーターであったというお話なので。1で培ったものを、全部捨てるつもりで作ったのが、2なんですよ。

METAL GEAR SOLID 2 SUBSTANCE
METAL GEAR SOLID 2 SUBSTANCE
宇多丸:はい。

小島秀夫:僕のコンセプトは、『LAコンフィデンシャル』。

宇多丸:ほう。

小島秀夫:毎回、人が出て来て。「それは違う、実はこうだった」っていうのを、ゲームをアクションしながら、もう訳分からんわくらいやるっていう。それで、2がまた爆発的に売れてしまいまして。

宇多丸:うん。

MGS3は『猿の惑星』に影響を受けた


小島秀夫:「じゃあ、どうしようかな」と。3はどうしようかなと思った時に、もう、「あのエンディングって、途中で終わっている」と言いますけど、あれは一応僕の決着。愛国者達を探しに行くところで終わるじゃないですか。

METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER
METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER

宇多丸:うん。

小島秀夫:「あの続きを、みんな作ってくれ」「そんなアホな」と(笑)

宇多丸:はい。

小島秀夫:あそこから先を作っても、面白くないじゃないですか。なんで、過去に戻すしかない。それで、一番僕の好きなテリトリーの、冷戦時代を使えるので。元々『007』の感じなんで。

宇多丸:ああ。

小島秀夫:冒険小説とかも大好きだったので、そこの土壌が使えるというので、戻ったんですけど。

宇多丸:3では、ゲームシステムもね、ちょっとまたね、変わりましたよね。

小島秀夫:でもこれって、『スター・ウォーズ』で同じことをしているじゃないですか。

宇多丸:うん、うん。

小島秀夫:ただ、僕はそこになくてですね。影響を受けたのは、前の『猿の惑星』なんですよ。

宇多丸:ほう、ほう。

小島秀夫:『猿の惑星』は、最初はテーラーさん達が、宇宙に行って帰ってきたら、別の惑星やと思っていたら猿の惑星で。

宇多丸:はい。

小島秀夫:しかも、それは「人類が核兵器を使った後の世界だった」という、衝撃のエンディングじゃないですか。あれ一発、原作もあれしかないんで、「売れたから2を作る」って。その次を作ったら、駄作やったんですね。

宇多丸:その話の続きをやっちゃってね。

小島秀夫:ほんまに爆発して、終わりじゃないですか。3は、「その爆発直前に猿が逃げた」という話になって。なぜかわかりませんけど、テーラーが乗ってきた宇宙船に乗って。「どうやって運転できるの?」みたいな、「操縦できるの?」みたいな(笑)

宇多丸:うん(笑)

小島秀夫:それで、爆発したがために、過去に戻って。過去のアメリカに不時着して、「メットをとったら、猿やった」という。もう現代劇ですから、予算ほとんど安い。

宇多丸:うん。

小島秀夫:猿のメイクも二人しか出てこない。子供は、ホンマの猿ですけどね(笑)

宇多丸:ホンマの猿を、フィルムをこう逆に回して喋らせるような(笑)

小島秀夫:シーザーね(笑)あんなん、発明でしたやん。それで今までの猿に追われる人間達が図式なんですね、猿の惑星の凄いところって。まぁ、フランス人が作った、凄い皮肉な。

宇多丸:日本兵のね、収容所の体験というかね。

小島秀夫:人種差別とか、そういう話なので。それを今度逆転した時の、猿が追われるっていうサスペンスを作ったという。発明じゃないですか。それも売れたので、そこの先から、今度繋げるじゃないですか、『征服』とか。あれが僕の中でずっとあって、3で戻ったから、3からメタルの1に繋げようかな、という。

宇多丸:うん。

小島秀夫:まぁ、何となくそういうのがあって。

宇多丸:次第にこうやって、『ファントムペイン』では、アフガンまで行って、というところがありましたもんね。

METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN
METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN - PS4

関連記事


小島秀夫、ゲームに映画的手法を持ち込むも「こっちの世界にも浸食する」メタ表現を行う理由「ゲームのエリアをもう一歩広げる」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 小島秀夫,メタルギアソリッド,MGS,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

本日の注目記事